【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

  「豊かさ」を図る指標は、人それぞれ。

NEO農村生活~心の豊かさを求めて~

【宮崎】天然酵母パン「カントリーママ」は、お母さんの「安心」「おいしい」の想いがこもった、やさしい味。

宮崎市の閑静な住宅街、「月見ヶ丘」

f:id:bashi1111:20200407102602j:plain

月見ヶ丘のシンボル「母子像」。バス停留所に隣接する、住民の憩いの場。

そこで30年以上、天然酵母パン」を焼くお店がある。

 

「カントリーママ」

f:id:bashi1111:20200407102715j:plain

 

 

「カントリーママ」の想いは、「安心」「おしいい」。

 

「カントリーママ」のパンは、

 

保存料、添加物を一切使わない、

 

九州産国産小麦の天然酵母パン。

 

「子どもから、大人まで、安心でおいしいものを食べてほしい。」

 

そんなお母さんたちの「想い」で、1989年から30年以上続けて来られたお店。

 

お母さんたちは、深夜の2時からパンを焼いているそう。

 

パン屋さんの仕事は朝(というか夜中)が早く、とても大変だ。

 

また、お店での販売に加え、

宮崎市内各地のご家庭に配達したり、

スーパー(まつの西池店・毎週土曜日、コープ柳丸店・毎週火木土曜日、コープ赤江店・毎週木土曜日、コープ大塚店・毎週木曜日)に卸したりもしている。

 

「カントリーママ」のパンの紹介

f:id:bashi1111:20200407102946j:plain

この日僕がチョイスしたのは、

 

・玄米食パン

・人参食パン

・季節限定のよもぎあんパン(宮崎県綾町のよもぎを摘んで来て入れている)

 

材料は、

国産小麦(九州産)・天然酵母・粗糖・食塩がベースで、

あとは玄米や野菜

とてもシンプル

 

卵・乳製品アレルギーの方も、

添加物アレルギーの方も、

ベジタリアンヴィーガンの方も安心して食べることができる。

 

素材の味がしっかりしていて、やさしくておいしい味。

 

お母さんたちの「温もり」を感じる。

 

f:id:bashi1111:20200407103123j:plain

それ以外にも、宮崎県綾町産の無農薬野菜を中心に、

安心安全の野菜や、

無添加味噌自然食品も販売、配達している。

 

「カントリーママ」のパンの「安心」「おいしい」は、これからの社会に大事なコンセプト。

「安心」「おいしい」を届けるために、

深夜から一生懸命にパンを焼き続けるお母さんたち。

 

お母さんたちの「想い」はパンに伝わり、

じっくりと一口一口を味わうと、

やさしくて温かくて、とても心が満たされる。

 

「パン」を通じて、お母さんたちの「想い」を受け取る。

 

「安心でおいしいものを。」

 

このご時世、

病気に負けず、心と身体を健康に保つために、

「安心」で「おいしい」は大事にしていきたいコンセプト

 

少しでもたくさんの方々に、

カントリーママのパンが届きますように。

 

カントリーママ(天然酵母パン)のFacebook

季節のパンの情報は、営業時間の変更、お休みなど最新の情報は、

お店のFacebookをチェックしてみてください↓

www.facebook.com




「カントリーママ」へのアクセス、営業時間

住所:〒880-0926 宮崎県宮崎市月見ケ丘1丁目19−6
宮崎交通バス「母子像前」バス停より徒歩1分、駐車場有)

 

営業日:火、木、金、土 9:00-18:00

※各曜日が祝日の場合はお休み

 

電話番号:0985-54-4393

 

 

 

バーシー/椎葉康祐

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com

 

【宮崎】「旬菜まちのえき」は、「健康」「元気」を地域社会に発信するコミュニティ。

宮崎の市街地、「広島通り」

f:id:bashi1111:20200408131043j:image

ここは個人商店や飲食店が立ち並ぶ、

人情味あふれたストリート。

 

その通りのお店の一つ、

「健康」「元気」を第一に考える自然食品店がある。

f:id:bashi1111:20200408131109j:image

それが、「旬菜まちのえき」

 

 

みんなが「健康」「元気」でいられるように、「コミュニケーション」を大切にする

 

大切にしているのは、

お客さんとの「コミュニケーション」

 

身体が不自由な方にも、人と会話するのが苦手な方にも、手を差し伸べ、笑顔で声をかける。

 

だんだんと、その人たちも元気になっていって、

積極的にお店に足を運んできてくれるようになる。

f:id:bashi1111:20200407165446j:plain

安心、安全な食品と、

「コミュニケーション」を通じて、

地域の一人ひとりの「居場所」を作っている。

 

「健康」を第一に考え、

「元気」で、「笑顔」でいられることが一番だ。



「旬菜まちのえき」には、「健康」「元気」になれる食品がたくさん!

f:id:bashi1111:20200407170257j:plain

旬菜まちのえきでは、

宮崎の無農薬・有機栽培の野菜や米、果物を揃えている。

f:id:bashi1111:20200407170318j:plain

また、

天然酵母のパンや、無添加の調味料

薬膳のお惣菜スーパーフード「ノニ」のジュース

自然由来の石鹸、トイレットペーパーなどの日用品まで、

幅広く取り扱っている。

f:id:bashi1111:20200407170437j:plain

天然酵母パンは、「らいふのぱん」からの仕入れ品や、喜恵さんの「あこ天然酵母パン」など品ぞろえ豊富。

f:id:bashi1111:20200407170623j:plain

「旬菜まちのえき」オーナーで薬膳料理家の荒川喜美子さんが手作りする「薬膳お惣菜」。

f:id:bashi1111:20200407170749j:plain

スーパーフルーツ「ノニ」を使った商品や、トイレットペーパーなどの日用品もそろえる。

そして、

毎週月曜、火曜、金曜のお昼に届く

「旬菜お弁当」

f:id:bashi1111:20200407171005j:plain

食材は宮崎県綾町産の無農薬野菜を中心とし、

無添加の調味料で味付けした、

身体にやさしくておいしいお弁当

ベジタリアンにも対応してくれる。

f:id:bashi1111:20200407171055j:plain

 

「旬菜まちのえき」が、これからも「健康」「元気」な地域社会を作っていく。

f:id:bashi1111:20200407171230j:plain

家族の「健康」を第一に。

そして、ご縁のある地域の方々の「健康」「元気」にも気遣う。

 

「旬菜まちのえき」は、

みんなが「笑顔」でいられる「コミュニティ」を作っている。

f:id:bashi1111:20200407171312j:plain

「健康」でいられることのありがたさ。

「元気」でいられることのありがたさ。

 

これから生きて行く社会では、

より一層、「健康」に対する関心が高まっていくと思われる。

 

その中で、

「旬菜まちのえき」が続けている、

地域の人々との「コミュニケーション」は、

これからも、地域社会の「健康」「元気」に大きく貢献していくだろう。

 

「旬菜まちのえき」のSNS

Facebook

www.facebook.com

 

Instagram

www.instagram.com

 

 

「旬菜まちのえき」のアクセス、営業時間

住所:

〒880-0806 宮崎県宮崎市広島1丁目3−12

(JR宮崎駅西口より徒歩8分、駐車場無)

 

営業日:

月、火、水、木、金、土 10:00〜18:00

 

電話番号:

0985-32-0077

 

 

バーシー/椎葉康祐

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com

 

ハワイ・カウアイ島。「幸せ」になれる場所。

皆さんはどんな時に、

「幸せ」を感じるだろうか?

 

好きな人と一緒にいる時?

おいしいものを食べている時?

お金をたくさん稼いだ時?

 

または、誰かに認められたり、誉められたりした時?

努力や苦労が報われた時かもしれない。

 

人それぞれ、異なっているかもしれないが、

「幸せ」を感じる時が、きっとあると思う。

 

同じように、ただ、そこにいるだけで、

「幸せ」を感じられる場所がある。

f:id:bashi1111:20190810205540j:plain

太平洋に浮かぶ孤島、

ハワイのカウアイ島である。

 

 

カウアイ島は、ハワイ諸島最古の「自然」の島

f:id:bashi1111:20190810205745j:plain

ハワイ諸島最北端で、最古の島。

手付かずの自然が広がるガーデンアイランド、カウアイ島。

ここは、ただいるだけで、

「幸せ」になれる場所。

 

カウアイ島の青い海と空。

f:id:bashi1111:20200403222223j:plain

どこまでも続く、

澄んだ青い空と、青い海。

f:id:bashi1111:20190811001559j:plain

カララウ展望台(Kalalau Lookout)からの景色。

 

カウアイ島の「歴史」が生み出す大自然

長い年月をかけて、

火山活動や風雨の浸食活動が作り出した渓谷。

f:id:bashi1111:20200403223143j:plain

「ワイメア渓谷(Waimea Canyon)」。何百万年もの月日をかけて、風雨の浸食が作り出した雄大な景色に息をのむ。

 

カウアイ島の自然が生み出す「恵み」。

太陽と雨の恵みを受けてすくすくと育つ森林、野菜や果物などの作物。

f:id:bashi1111:20200403223710j:plain

f:id:bashi1111:20190810225641j:plain

f:id:bashi1111:20190111220256j:plain

 

農場にたわわに実っているフルーツたちを採って、そのまま食卓へ。

収穫したばかりの、新鮮なフルーツを食べる幸せ。

f:id:bashi1111:20200403224054j:plain

「ポメロ」というグレープフルーツのような味のする、どデカい柑橘。

 

カウアイ島の自然が、心を癒してくれる。

夜が明け、朝日が昇ってくるとともに、

大合唱を始める野鳥たちの声を聞いて、

自然と目が覚める、心地よい朝。

f:id:bashi1111:20200403224731j:plain

「モロアアビーチ(Moloa'a Beach)」からほど近いマカリイファーム。「マカリイ」とはハワイ語で、日本語訳で「昴(すばる)」。ここは、カウアイの自然と一体化した、心地よい自然宿。

https://www.instagram.com/makalii_farm/

 

動物たちにとっても、

とても居心地の良い場所。

 

ゆっくりと目を閉じて、絶えず引いては押し寄せる波の音に耳を澄ませてみる。

心の平穏が訪れる時。

 

カウアイ島は、サーフィンの聖地。

サーファーの聖地、ハワイ・カウアイ島の北部に位置する

「ハナレイ・ベイ(Hanalei Bay)」

ハナレイ桟橋(Hanalei Pier)を歩いていると、まるで海の上を歩いているかのような気分に。

f:id:bashi1111:20200403231749j:plain

f:id:bashi1111:20190810214027j:plain

サーフボードを脇に抱えて白い砂浜を走る。

そして、目の前に広がるエメラルドブルーの海に飛び込み、次々と押し寄せてくる波を追いかける。

f:id:bashi1111:20200403230134j:plain


サーフィンをしている時は、ただただ波を追いかけている。

他の余計なことは全部頭から消えてしまう。

サーフィンは、「禅」の一つなのかもしれない。

あるいは、心と体をキレイに「リセット」する、デトックスの一つ。

f:id:bashi1111:20190810213301j:plain

 

カウアイ島の「自然」が、心を満たしてくれる。

将来に対する心配も、不安も、

社会に対する嫌悪感も、怒りも、

カウアイの自然は全て忘れさせてくれる。

 

そこにいるだけで、「幸せ」を感じられる場所。

「自然」の力を、心と体で感じで、満たされていく場所。

不安や心配、憂鬱なことから解き放たれて、「笑顔」になれる場所。

 

f:id:bashi1111:20190811002247j:plain 

「幸せ」になれる場所、

それが「カウアイ島」。

 

 

バーシー/椎葉康祐

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com

 

「ルワンダveganツアー」で日本各地に「玄米ベジごはん」と「ルワンダ」を届けました。

2020年。

オリンピックイヤーを迎えて早々に取り組んだイベント。

 

ルワンダveganツアー」

 

f:id:bashi1111:20200214113617j:plain

イラスト作成:しーちゃん(オギノシエ)|いらすとらいたー🍳 (@c_gotta2) | Twitter

 

 

 

ルワンダveganツアーとは?

f:id:bashi1111:20200109162828j:plain

無農薬オーガニック野菜と、

 

玄米、味噌とか甘酒とか「糀」の調味料を使った、

 

身体に優しく、心が満たされる「玄米ベジごはん」を届けたい。

 

僕が好きで10回渡航した「アフリカ・ルワンダを、

 

ルワンダの美しい映像と、おいしいルワンダコーヒーと共に紹介したい。

 


キガリの街中 Kigali city

f:id:bashi1111:20190627212904j:plain↑「千の丘の国」ルワンダの美しい景色を目の前にいただく高品質ルワンダコーヒー

 

f:id:bashi1111:20190329130953j:plain

↑都市と自然が調和する美しい街、ルワンダ首都キガリ

 


そして、みんなが笑顔になって、幸せな気持ちになれたらうれしいな。

 

という気持ちで取り組みました。

 

 



日本各地で「ルワンダ」「vegan」をテーマにしたイベントを開催!

f:id:bashi1111:20200215103909j:plain

ルワンダveganツアー」では、

 

名古屋、福井、大阪、神戸、東京、横浜

 

3大都市圏を中心に、様々な場所でイベントを行いました。

 

名古屋会場:イベントバーエデン名古屋 (2020年1月24日)

f:id:bashi1111:20200215103942j:plain

f:id:bashi1111:20200215104004j:plain

名古屋では、イベントバーエデン(https://twitter.com/EBE_Nagoya)さんを1日貸切ってディナー営業。

福井会場その①(福井市):「ア福リカ」(2020年1月25日)

f:id:bashi1111:20200215103249j:plain

福井市で開催。「ア福リカ」。国産アフリカ人KAKA(国産アフリカ人ですKAKA|次春:🇹🇿🇬🇭|坂本 克之 (@kaka_africa_) | Twitter)くん企画の、「福井でアフリカから『福』を学ぶ」連続企画。記念すべき第1回に「ルワンダveganツアー」を選んでいただき感謝です!

f:id:bashi1111:20200215104241j:plain

「ア福リカ」では、写真のようなルワンダテイストのベジ(vegan対応)料理プレートを提供。

福井会場その②(南越前町):地域まるっと体感宿「玉村屋」(2020年1月26日)

f:id:bashi1111:20200215104435j:plain

福井・南越前町では、地域まるっと体感宿「玉村屋」https://tamamuraya.jp/)さんで、まるで田舎の実家に帰ってきたかのような、こたつを囲んで食事。

 

南越前町では、「料理教室」形式でルワンダの食事を紹介。一生懸命練っているのは、ルワンダの主食「ウガリ。タピオカの原料でもある、キャッサバ芋の粉をお湯で練り上げた、ルワンダの主食。豆や野菜のトマト煮込みなどと一緒に食べます。

 

大阪会場:空庭(ソラニワ)(2020年1月28日)

f:id:bashi1111:20200215105223j:plain

f:id:bashi1111:20200215105624j:plain

大阪では、空庭(ソラニワ)https://soraniwa.net/soraniwabiru/)さんで

昼夜2部構成のイベント。

お昼は、veganヴィーガン)&glutenfree(グルテンフリー)お菓子作り教室」

卵も、乳製品も、小麦も、白砂糖も使わない、身体にやさしいお菓子。

スノーボールクッキーと、ルワンダスペシャルティコーヒーでおやつタイム♪

 

f:id:bashi1111:20200216094630j:plain

f:id:bashi1111:20200216095254j:plain

↑夜は、ルワンダの映像をお見せしながら、ルワンダveganプレート」をお召し上がりいただきました。ウガリと、人参とイビシンボ(レッドキドニービーン)のトマト煮込みは、ルワンダ食定番のコンボ。

f:id:bashi1111:20200216095511j:plain

↑僕はPerfumeさんが本当に好きで、ルワンダ現地でもPerfumeさんの定番曲「チョコレイト・ディスコ」を現地の方々と踊ります。そして、日本のイベントでも参加者と踊る(躍らせる(笑))。決して怪しい宗教では無いです(笑)。

神戸会場:OTOWA神戸元町(2020年1月31日)

f:id:bashi1111:20200216101928j:plain

↑OTOWA神戸元町は、まるでテラスハウスhttp://www.terrace-house.jp/tokyo2019-2020/)に出てきそうなソーシャルアパートメント。

f:id:bashi1111:20200216102213j:plain

↑写真手前の「ブロッコリーカレースープ」が好評でした!

f:id:bashi1111:20200216101948j:plain

↑OTOWA神戸元町の住人さん中心に、神戸近辺にお住まいの方にお集まりいただけました!ありがとうございます!

東京会場その①:トコ・ワイワイ(toko Y.Y)(2020年2月1日)

f:id:bashi1111:20200216103655j:plain

f:id:bashi1111:20200216104127j:plain

↑トコ・ワイワイのオーナー、ようこさん(写真左奥)は、千葉県いすみ市の地域おこし協力隊時代の同僚で、そのご縁で何度もこちらでイベントを開催させていただいています。いすみ市から新鮮野菜を届けてくださり、その野菜で料理しました!里芋のハーブ和えが好評でした。

f:id:bashi1111:20200216103844j:plain

↑以前勤めていたJETROの先輩、一緒にルワンダやカウアイ島を旅した友人など、縁のある方々にお集まりいただけました。皆さん笑顔がステキです!

 

横浜会場:アフリバ邸(2020年2月2日)

f:id:bashi1111:20200216104737j:plain

↑「アフリカ」をテーマにしたシェアハウス「アフリバ邸」(http://afriberty-house.mystrikingly.com/)。アフリカが好きな人たちが集まるコミュニティになっています。

f:id:bashi1111:20200216110120j:plain

↑ジンジャーソテーした平茸と白菜を合わせた醤油糀ソースをかけて食べる風呂吹き大根が好評でした。

f:id:bashi1111:20200216111100j:plain

↑さすがアフリカ好きが集まるシェアハウス。参加者の半数がアフリカ・ルワンダ渡航経験あり!ベジごはんが食べたい!とFacebookで調べて来てくださった方も!ありがとうございます。

 

東京会場その②:アトリエRa reve

f:id:bashi1111:20200216111922j:plain

↑「食を通じて人と人をつなぐ」がテーマのアトリエra reve。オーナーの諒くん(https://www.instagram.com/ryo.akutsu/)とは5年の付き合いで同い年。こちらでイベントを開催させていただくのも、5回目くらい。

ステキな空間で、料理も映えます( ´∀` )

f:id:bashi1111:20200216112002j:plain

↑野菜は、宮崎でいつもお世話になっている「暁農園」(https://www.facebook.com/%E6%9A%81%E8%BE%B2%E5%9C%92-236566687082627/)さんに送っていただきました。

カリフラワーが絶品。甘くておいしいので、東京の皆さんにも大好評でした。

f:id:bashi1111:20200216112037j:plain

↑アトリエRa reveの常連さん中心に、たくさんの方々にお集まりいただけました。

ありがとうございました。
 

参加者の皆さんから、とても元気をもらいました!

f:id:bashi1111:20200216113311j:plain

どの会場も、参加者の皆さんがとてもあたたかく、

 

皆さんの笑顔がすてきでした。

 

僕が皆さんに元気と笑顔と届けるつもりでしたが、

 

逆に皆さんから元気と笑顔をもらいました。

 

f:id:bashi1111:20200216113725j:plain

ルワンダの位置について紹介中。

 

vegan(動物性食材不使用)の料理について知ることができて良かった」

 

「野菜だけでもこんなに満足できるなんて驚いた。そして食べた後も体が軽い。」

 

ルワンダってとてもキレイでステキなところですね。行ってみたい。」

 

参加者のみなさんから嬉しいコメントをたくさんいただきました。

 

とてもありがたいです。

 

f:id:bashi1111:20200216113346j:plain

 

参加者同士で連絡先を交換し合ったり、また久しぶりの再会を楽しんだり、

 

イベントを通じて「コミュニティ」づくりができたことも、

 

とても嬉しく思います。

 

f:id:bashi1111:20200216113942j:plain

 

引き続き、

 

「食」や「異文化(アフリカ・ルワンダなど)」をテーマに、

 

楽しい「場」づくりをしていけたらと思います。

 

普段は九州・宮崎が拠点ですが、

 

月に一度のペースで、県外での出張料理イベントができたらと考えています。

 

イベント内容や日程、予算など、

 

お気軽にご相談ください。

 

お問合せはこちら⇓

www.bashi1111.com

 

皆さんとどこかでお会いできますことを、

 

楽しみにしています!




バーシー/椎葉康祐

 

 

こちらも合わせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com

 

【愛媛大洲】城下のmachibito × 玄米菜食Veganランチ&スイーツで100年前にタイムスリップ。

愛媛県大洲市肱南エリアで開催された、

街を挙げての一大イベント、

「城下のMACHIBITO」

に出店した「Bashi's Kitchen」

九州・宮崎から愛媛・大洲へ。

玄米菜食Veganランチ&スイーツが旅をしました。


 

<目次>

 

城下のmachibitoで、100年前の世界にタイムスリップ。

f:id:bashi1111:20191129175240j:plain



かつて、大洲城の城下町として栄えた愛媛県大洲市

f:id:bashi1111:20191129175650j:plain

 

この場所で2日間だけ「100年前」にタイムスリップするイベント、

城下のMACHIBITO | 歴史情緒溢れる町並みとクラフト&アートの出会い

f:id:bashi1111:20191129181918j:plain

会場には、「タイムスリップ」の象徴として、「どこでもドア」が置かれていた。

 

参加者は「大正浪漫」を彷彿とさせる衣装に身を包む。

f:id:bashi1111:20191129180716j:plain

Photo by Naoto Yamashita



 

昔懐かしい雰囲気の出店や音楽、アートで賑わう。

f:id:bashi1111:20191129180732j:plain

f:id:bashi1111:20191129180825j:plain

Photo by Naoto Yamashita

Bashi's Kitchen in 城下のmachibito!

f:id:bashi1111:20191102120943j:plain

本イベントに、

Vegan(菜食)料理を提供する

「Bashi's Kitchen」も九州・宮崎から参加。

f:id:bashi1111:20191129180951j:plain

 

愛媛産のオーガニック野菜や玄米を中心とした、

動物性食材(肉魚卵乳など)を使わない

Veganヴィーガンランチプレート

f:id:bashi1111:20191129181354j:plain

 

卵・乳などの動物性食材を使わない

Veganヴィーガン)スイーツ

f:id:bashi1111:20191129181510j:plain

卵乳を使わない、豆乳黒ごまプリン。

f:id:bashi1111:20191129181612j:plain

小麦、卵、乳を使わない米粉マフィン。

 

アフリカ・ルワンダ産のスペシャルティコーヒーを提供。

f:id:bashi1111:20190718000242j:plain

 

「古民家コリビング西田邸」を舞台にVeganランチ&スイーツ提供

f:id:bashi1111:20191129183105j:plain

会場となったのは、

古民家コリビング西田邸|愛媛県大洲市のコワーキンフスペース&シェアハウス

nishidatei.com

 

築108年の古民家をリノベーションして生まれ変わった、

コワーキングスペース&シェアハウス

 

1ヶ月間田舎暮らしをしながらフリーランスになるためのスキルを学ぶ

田舎フリーランス養成講座(通称「いなフリ」)でも、

受講生の滞在場所として利用されている。

愛媛・大洲で開催されるいなフリは特に「ひめフリ」という略称で親しまれている。

 

f:id:bashi1111:20191129184354j:plain

オーナーのヤマシタナオトさん。奥様のユウさん。

西田邸の看板犬、

かわいいかわいいトップアイドル柴犬のちはるちゃん。

 

西田邸オーナー、ナオトさんとの出会いは「千葉いすみ」

僕がどうして西田邸とご縁ができたのか。

きっかけはナオトさんと僕との出会い、2018年6月にさかのぼる。

f:id:bashi1111:20191129184647j:plain

2018年6月、千葉いすみ。当時のシェアハウス「バーシー邸」のメンバー。

ナオトさんは当時、いすみで「いなフリ」を受講。

その際に、僕が以前いすみで運営していた

シェアハウス「バーシー邸」に滞在していた。

 

僕が作る料理をとても楽しみにしてくれていて、

シェアハウスのメンバーといつも賑やかな食事を楽しんでいた。

 

「愛媛にも料理を作りに来てほしい」

そう言って、いなフリ修了後、ナオトさんは愛媛に戻った。

 

そして、西田邸のリノベーションに着手。

大工さんと協力しながら、セルフビルドで

西田邸をコワーキングスペース&シェアハウス」として生まれ変わらせる。

www.facebook.com

 

「いなフリ」でできた「ご縁」が、バーシーを愛媛へ導く。

僕は約束どおり、愛媛で料理を作りに足を運んだ。

ルワンダの料理イベント、城下のmachibito出店、ひめフリでの夕食づくり。

何度もお招きいただき、本当にありがたいです。

f:id:bashi1111:20191129190419j:plain

2018年8月、ルワンダ料理を食べるイベント@松山・三津港

f:id:bashi1111:20191129190655j:plain

愛媛の野菜でVegan料理。

2年連続、「城下のmachibito」へ出店させていただいた「Bashi's Kitchen」

前述のとおり、

「Bashi’s Kitchen」は、昨年(2018年)も城下のmachibitoに

出店させていただいており、

その時の様子がこちら。

f:id:bashi1111:20191129190544j:plain

 

まだ改修を始めて間もないころ。コンクリート壁がむき出しになっている。

 

1年後、2019年も「城下のmachibito」出店のお話をいただき、2年連続の出店。

出店希望者が増え、抽選で出店が叶わない方々がいる中で、

このように出店の機会をいただけることに感謝です。

f:id:bashi1111:20191129191156j:plain

 

この1年の間に会場の西田邸の改修が進み、見違えるほどキレイに生まれ変わっていた。

f:id:bashi1111:20191129191228j:plain

 

当日は、「ひめフリ」の元受講生や、

ナオトさんが統括を担当した、山梨県都留市開催の「いなフリ」(通称「つるフリ」)の元受講生らが集結。

 

※2019年10月、山梨・都留にもバーシーのVegan料理がお邪魔しました⇓

 

www.bashi1111.com

 

100年前を彷彿とさせる着物に身を包み、一生懸命出店のお手伝いをしてくださった姿が忘れられない。

f:id:bashi1111:20191129192021j:plain

 

また、僕の仲間がたくさん住んでいる高知・れいほく地域から

朝どれの新鮮無農薬ベビーリーフを、

車で3時間かけて届けてくれました。

サラダに使ったらとてもおいしかった。ありがとうございます。

f:id:bashi1111:20191129192228j:plain

 

 

皆さんのおかげで、お店は大盛況。イベントも大勢の人たちで賑わっていました。

本当にありがとうございます。

f:id:bashi1111:20191129192000j:plain

来年もきっと、

「城下のmachibito」はこの愛媛・大洲で開催されることでしょう。

 

1年はあっという間です。

からしっかりと準備をしていきたいと思います。

 

皆さんも、1年後の予定に

「城下のmachibito」を入れておいてくださいね。

※例年、11月の中旬に開催されます。

 

城下のmachibito会場(大洲本町)までのアクセス

f:id:bashi1111:20191129193302j:plain

松山市内からは、

宇和島バス」の急行で「大洲本町」バス停下車するのが最も便利で最安。

(所要時間:約1時間、料金:1,250円)

※特急は停まりませんので注意。

www.uwajima-bus.co.jp

 

遠方からお越しの方は、

松山空港から松山市街までリムジンバスを利用。

道後温泉、一番町三越前松山市駅、JR松山駅から

それぞれ「宇和島バス」に乗車することができます。

 

時刻表はこちら⇓

https://www.uwajima-bus.co.jp/wp-content/themes/bus/images/timetable-pdf/2019-10-01/matsuyama-new.pdf?2

 

皆さんとまた来年、

「城下のmachibito」でお会いできることを楽しみにしています!

f:id:bashi1111:20191129182820j:plain


バーシー/椎葉康祐

出張Vegan(ヴィーガン)×ルワンダ料理半年ぶり復活!地域の食材でグローバルイベント。

2019年5月に拠点を地元宮崎に移してから半年。

皆様のおかげで生活を再建し、玄米菜食(Vegan)料理とアフリカ・ルワンダに関する活動を再開。出張料理イベントも再開できるようになりました。

今後も、宮崎に拠点を置きながら、

「地方活性化」「アフリカの普及」「菜食(Vegan/ヴィーガン)の普及」

と絡めて、イベントを企画できたらと思います!

 

f:id:bashi1111:20191102112336j:plain


こんにちは。バーシーです。

 

今年(2019年)5月に、地元の九州・宮崎に拠点を移して半年。

(経緯についてはこちらをご参照ください⇓)

 

www.bashi1111.com

 

一時は生活が破綻したバーシーですが、

たくさんの方々のサポート、応援をいただき、

何とか生活を立て直すことができました。

 

この半年間で、

宮崎では「玄米菜食Veganヴィーガン)ランチ&弁当」をスタートさせていただき、

少しずつではありますが、宮崎市街周辺を中心に

「こころとからだにやさしく、元気が出る食事」の提供を広げていっています。

(くわしくはこちら⇓)

 

www.bashi1111.com

 

そんな中で、

休止していた「出張料理」についても限定的ではありますが、

再開させていただくことになりました。

 

<目次>

 

山梨2か所での「出張玄米菜食veganヴィーガン)×ルワンダ料理」

10月末に、山梨の2か所で開催した、

「玄米菜食(vegan)×ルワンダ料理」の出張料理イベント。

 

1つ目の開催場所は、山梨県都留市の「コワーキングコミュニティ teraco.

f:id:bashi1111:20191102111132j:plain

富士山のふもとに位置する都留市コワーキングスペース&イベントスペースで、

都心からも約2時間でアクセスでき、

富士急行線の「都留文科大学前駅」からも徒歩5分の好立地。

 

田舎フリーランス養成講座(通称「いなフリ」)

の会場としても利用されているところです。

 

僕が訪問した時はちょうど「いなフリ」が開催されている時期と重なっていて、

20名超の方々がイベントに参加してくださり、にぎやかな会になりました。

f:id:bashi1111:20191102112951j:plain

 

実は僕も、「いなフリ」の元受講生。

2017年3月に、千葉県の富津市にある「金谷」という港町にある

フリーランスコミュニティまるもで受講しました。

f:id:bashi1111:20191102113620j:plain

 

静かで自然豊かな「田舎」に滞在しながら、

時間と場所に囚われないフリーランスという生き方に触れる機会になりました。

f:id:bashi1111:20191102113637j:plain

「いなフリ」を通じて、たくさんの出会い・つながりができたことは、

今でもお金には換えられない「貴重な財産」です。

 

2つ目の開催場所は、山梨県南部町の「泊まれるコワーキングスペースGOBANCHI-五番地-」。

f:id:bashi1111:20191102113921j:plain

コワーキングスペース×ゲストハウス×トレーニングジム×カフェ

の複合施設です。

f:id:bashi1111:20191102113940j:plain

本格的なトレーニングジム併設!!!

f:id:bashi1111:20191102114036j:plain

山々に囲まれた静かで穏やかな環境の中で、

作業に没頭したり、疲れたら縁側でくつろいだり、

レーニングジムで汗を流してリフレッシュしたりと、

とても恵まれてた環境があります。

 

イベントでは、

動物性の食材を使わない「veganヴィーガン)」というカテゴリの料理を、

イベント開催地の周辺で採れたオーガニック野菜を中心に使って作ります。

f:id:bashi1111:20180729122540j:plain

 

そこに、

豆や芋が中心の「アフリカ・ルワンダ」の料理の要素を加え、

オリジナルのルワンダvegan料理プレート」を提供。

f:id:bashi1111:20191102114318j:plain

 

味噌・塩糀・甘酒といった「糀」の食品を味つけに使用。

そして、無肥料無農薬の「玄米」

f:id:bashi1111:20191102114334j:plain

 

腸内環境を改善、老廃物をデトックスして、

こころもからだもキレイになれるような料理に仕上げました。

 

食事のあとは、

僕が計10回渡航した大好きな国

「アフリカ・ルワンダについて、映像をお見せしながら紹介。

f:id:bashi1111:20191102115200j:plain

 

物理的にも、心理的にも遠い、

日本ではなじみの薄い国ルワンダがより身近に感じる

「キッカケ」づくりになれたら嬉しいです。

 

余興でダンスも(笑)。

 

今後も「出張玄米菜食veganヴィーガン)×ルワンダ料理イベント」やります!

f:id:bashi1111:20191102120943j:plain


支えてくださる皆様のおかげで、

少しずつではありますが、毎日楽しく料理活動をすることができています。

本当にありがとうございます!

 

今月(2019年11月)もご縁があって、

以下のようなイベントを開催しますので、

もしご都合がつきましたらお会いできますと幸いです。

 

☆11月3日(日曜)18:00~ コトヨリ

www.facebook.com

(場所:宮崎県椎葉村

 

☆11月16日(土曜)・17日(日曜) 城下のmachibito出店

www.facebook.com

(場所:古民家コリビング西田邸|愛媛県大洲市のコワーキンフスペース&シェアハウス愛媛県大洲市))

 

☆11月19日(火曜) 料理教室&Veganルワンダディナー

www.facebook.com

(場所:てま里 | ~鳥取県南部町の小さなカフェとお宿のある寄り合い場~鳥取県でゲストハウスをお探しならてま里鳥取県南部町))

 

「地方活性化」「アフリカの普及」「菜食(Vegan/ヴィーガン)」をキーワードにイベント企画興味ある方はぜひご連絡ください!

f:id:bashi1111:20191102121201j:plain

今後も、

宮崎に拠点を置きながら、

たまに出張料理イベントも開催していけたらと思います。

 

「地方活性化」

「アフリカの普及」

「菜食(Vegan/ヴィーガン)の普及」

 

と絡めて、イベントを企画できたらと思うので、

もし興味がある方はこちらからご連絡いただけますと幸いです⇓

www.bashi1111.com



来年(2020年)春から、

宮崎で新しいことを始める計画があります。

直接、お世話になっている皆様にお伝えしたいことがありますので、

ぜひ遊びに来ていただけたら嬉しいです!

 

今日も一日、良い日になりますように!

 

 

バーシー/椎葉康祐

礼文島(北海道)の夕日を見て、東京で働くことを辞めた。自然と共に生きよう。

f:id:bashi1111:20190916232033j:plain

夕日が水平線の彼方に沈んでいく。

未だかつて、こんなに美しい夕日を見たことがあっただろうか?

 

礼文島(北海道)の夕日 

日本の最北限、北海道の礼文島で見た夕日。

 

日本の「最果て」。

ここは日本か?

錯覚するほどの、衝撃的な景色。

f:id:bashi1111:20190916232603j:plain

 

礼文島に来てから、東京での仕事を辞めました。

3年前、礼文島に初めて訪れた時。

礼文島の景色を見てから間もなく、

僕は東京で働くことを辞めた。

f:id:bashi1111:20190916232923j:plain

 

もっと、

「自然」と共に生きよう。

 

そう決意したからだ。

f:id:bashi1111:20190916233058j:plain

f:id:bashi1111:20190916233238j:plain

ツリガネニンジン」という、礼文島ならではの高山植物

当たり前に存在する「自然」への感謝。

空・海・山・草花・太陽。

身近にある「自然」は、その島では圧倒的な存在感を見せる。

f:id:bashi1111:20190916233558j:plain

 

普段は気づかない、

「当たり前」に存在する「自然」。

それが「当たり前」に存在することへの「感謝」に、

心が満たされる。

f:id:bashi1111:20190916233845j:plain

 

この「感謝」の想いが、

当たり前の「自然」を大切にしようという「動機」になる。

f:id:bashi1111:20190916234107j:plain

 

今日も元気に僕を照らしてくれた太陽にありがとう。

今日もおいしい空気をありがとう。

心を癒してくれる海に、草花にありがとう。

f:id:bashi1111:20190903170957j:plain

 

一緒に礼文島の景色を見て、感動を共有したい。

礼文島の自然を、もっとたくさんの人たちと「共有」したい。

この「感動」を一緒に味わいたい。

また来る日まで。

f:id:bashi1111:20190916234459j:plain



 

礼文島へのアクセス

東京・羽田空港から、

ANAで北海道・稚内空港へ。

(運賃は早期割引で片道約2万円。)

f:id:bashi1111:20190916235312j:plain

新千歳空港経由にすると、

運賃ちょっと安くなるかも、、、?

最安値検索は スカイスキャナー で⇓

 

稚内空港から、

バスで稚内フェリーターミナルへ。

(運賃600円)

 

時刻など詳しくは⇓

www.soyabus.co.jp

f:id:bashi1111:20190916234905j:plain

 

稚内フェリーターミナルから、

ハートランドフェリー礼文島(香深港)へ。

(運賃片道2,800円)

※2等客席利用

 

時刻など詳しくは⇓

www.heartlandferry.jp

 

f:id:bashi1111:20190916234826j:plain

f:id:bashi1111:20190916235005j:plain

フェリーからの景色も圧巻。

とても心地が良い。

f:id:bashi1111:20190916235110j:plain

 

礼文島については、2年前に訪問した際も記事にしているので、

合わせてご覧ください⇓

www.bashi1111.com

 

 礼文島「自然」は、

写真では1/10000000も伝えきれない!

 

ぜひ、自分の目で、

礼文島「自然」を味わってほしいです!

 

行こう!礼文島

f:id:bashi1111:20190917001016j:plain

 

 

バーシー/椎葉康祐