【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

  「豊かさ」を図る指標は、人それぞれ。

【5月27日(土)】スーダンに「医」を届けるロシナンテス、東京での活動報告会

こんにちは!bashiです。

今回は、日ごろから大変お世話になっているNPO法人ロシナンテス」の活動報告会が東京で初開催となるので告知させていただきます!

 

<目次>

 

ロシナンテス活動報告会2017年春」、東京で初開催!

www.rocinantes.org

来たる5月27日(土)18:00〜、東京・滝野川会館大ホールでロシナンテス活動報告会2017年春」が行われます。

ロシナンテスは、本部のある北九州を中心に活動報告会を実施してきましたが、今回は初の試みとして、東京でも開催します!

 

ロシナンテスについて

f:id:bashi1111:20170523084314j:plain


ロシナンテス」は、アフリカ・スーダンで活動するNPO法人です。日本とスーダンの位置関係、距離は以下の通り。日本からの直行便は(もちろん)無く、カタール・ドーハやUAE・ドバイなど、中東経由で行きます。

 

f:id:bashi1111:20170523214231j:plain

ロシナンテス」は、スーダンに医療を届けるため、医者のいない村に巡回医療を実施したり、診療所を設立したりしています。
そのほかにも、安全な水を届ける活動、栄養改善のための活動、教育や日本とスーダンとの交流事業など、スーダンのために、日本のために」精力的に活動されています。

ロシナンテスの活動について、詳しくはこちらをご覧ください↓)

www.rocinantes.org

f:id:bashi1111:20170523084856j:plain

ロシナンテ」はドン・キホーテが乗る痩せ馬の名前です。

「一人ひとりは『ロシナンテ』のように無力かもしれないけれど、みんなが集まって『ロシナンテス』になれば、きっと世界を笑顔にできる」

という意味が込められています。

 

アフリカの大地を初めて踏み入れる「きっかけ」は、ロシナンテ


僕もロシナンテスの代表、川原さんには大変お世話になっています。
僕が初めてアフリカの大地に足を踏み入れるきっかけをくださったのも、川原さんでした。

今から4年前の大学2年生の冬休み、その時部活動(ラグビー)をやっていて、毎日練習漬けの日々でしたが、その時ちょうどシーズンが終了して長期オフに入ったところでした。

 

「このオフに健太朗(川原さんの息子)とスーダンに来ないか」

 

電話でお誘いいただき、両親に相談することもなく、一つ返事で「はい!」と答えました。

「親御さんが心配するだろうから一応話はしておいたほうがいい」と言われて初めて両親に相談しました。

アフリカ、ましてや「テロ支援国家」のスーダンに行くなんて危険すぎる、と考えている日本人が多いにも関わらず、「行ってくればいいんじゃない?」、と両親は背中を押してくれました。

 

実際行ってみると、そこには見たこともない景色、初めて出会う人々、日本とは全く異なる生活環境・・・すべてが新鮮で面白く、あの「高揚感」は今でも鮮明に覚えています。

f:id:bashi1111:20170523221132j:plain

↑ ナイル川の夜明け

f:id:bashi1111:20170523221234j:plain

↑ 学校の生徒と現地の「求愛ダンス」で交流

f:id:bashi1111:20170523221446j:plain

↑ 首都ハルツームの夜、街中のマーケット

 

僕はスーダンに来るまでは、日本の暮らししか知らなかったし、その日本の暮らしを基準に物事を考えていました。だから、「スーダンの人たちは貧しくてかわいそう、日本のように豊かになれればいいのに」と思っている節がありました。

f:id:bashi1111:20170523223333j:plain

でも実際に現地に行ってみると、出会った人々はみなフレンドリーで、僕たちを笑顔で歓迎してくれました。彼らは素朴で質素な生活ながらも、家族や友人、自分のような外からのゲストを大切にし、皆が楽しく暮らしていました。確かに、スーダンは日本ほど経済的にに豊かではありません。しかし、彼らはすごく楽しそうですし、生き生きとしています。少なくとも僕が見た範囲では、生活にくたびれて憂鬱な表情をしている人は見当たりませんでした。

そのとき、豊かさの基準って人それぞれで、『日本の暮らし=豊か』とはかならずしも言い切れない。「豊かさ」って何なんだろう?、という疑問が思い浮かびました。

f:id:bashi1111:20170523223155j:plain

このように、スーダンに行って自分の知らない世界を知ることで、今まで「当たり前」だと思っていたことが単なる思い込みに過ぎなかったことや、物事の見方、とらえ方、価値観は人それぞれ違うことに気づかされました。

 

活動報告会を通じて、ロシナンテスの「想い」を共有する

f:id:bashi1111:20170523084551j:plain

僕はスーダンで、人々の屈託のない「笑顔」にたくさん出会いました。この「笑顔」をつなぐ活動が、まさしく「ロシナンテス」の活動であると考えます。

みんながいつまでも「笑顔」でいられるように、医療を、安全な水を、教育を現地に届け、安全で健やかな生活を実現していく・・・その「想い」をたくさんの方々と共有することが、今回の活動報告会を開催する意義につながっているではと考えます。

活動報告会は、スーダンの「今」を知り、自分の知らない世界を垣間見るチャンスであるとともに、「ロシナンテス」がスーダンに対して、日本に対して、どのような「想い」を抱き、活動をしているのかを共有する機会です。

活動報告会の参加を通じて、新たな発見や出会いがあり、自分がやりたいことを後押しする「何か」が得られるかもしれません。

 

5月27日(土)はぜひ、ロシナンテスの活動報告会に足を運んでみてください!

イベント詳細は以下の通りです。

【東京・北九州】活動報告会2017春 開催!|認定NPO法人 ロシナンテス

 
~活動報告会2017春~

▷東京 〈参加費無料!〉

【日時】5月27日(土)
               開場18:30
       開演19:00
    終演20:30

【会場】滝野川会館大ホール
    (東京都北区西ヶ原1-23-3)〈MAP

【お申し込みフォーム】
 
上記フォームはご利用の環境によっては表示されない場合や、正常に動作しないことがあります。
その場合はお手数ですが、メールもしくはお電話で日本事務局までご連絡ください。
 
A. メール
宛先:info@rocinantes.org
件名:活動報告会2017春 申込 
 
メール本文に以下の項目のご記載をお願いいたします。
・参加される会場(北九州or東京or両方)
・お名前
・お名前(読み)
・参加人数
・電話番号(可能な限り携帯電話の番号をお知らせください)
・メールアドレス
 
B. お電話
認定NPO法人ロシナンテス 日本事務局
TEL:093-521-6470(受付:平日10時〜17時)

 

bashi

 

こちらもあわせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com