【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

  「豊かさ」を図る指標は、人それぞれ。

NEO農村生活~心の豊かさを求めて~

礼文島(北海道)の夕日を見て、東京で働くことを辞めた。自然と共に生きよう。

f:id:bashi1111:20190916232033j:plain

夕日が水平線の彼方に沈んでいく。

未だかつて、こんなに美しい夕日を見たことがあっただろうか?

 

礼文島(北海道)の夕日 

日本の最北限、北海道の礼文島で見た夕日。

 

日本の「最果て」。

ここは日本か?

錯覚するほどの、衝撃的な景色。

f:id:bashi1111:20190916232603j:plain

 

礼文島に来てから、東京での仕事を辞めました。

3年前、礼文島に初めて訪れた時。

礼文島の景色を見てから間もなく、

僕は東京で働くことを辞めた。

f:id:bashi1111:20190916232923j:plain

 

もっと、

「自然」と共に生きよう。

 

そう決意したからだ。

f:id:bashi1111:20190916233058j:plain

f:id:bashi1111:20190916233238j:plain

ツリガネニンジン」という、礼文島ならではの高山植物

当たり前に存在する「自然」への感謝。

空・海・山・草花・太陽。

身近にある「自然」は、その島では圧倒的な存在感を見せる。

f:id:bashi1111:20190916233558j:plain

 

普段は気づかない、

「当たり前」に存在する「自然」。

それが「当たり前」に存在することへの「感謝」に、

心が満たされる。

f:id:bashi1111:20190916233845j:plain

 

この「感謝」の想いが、

当たり前の「自然」を大切にしようという「動機」になる。

f:id:bashi1111:20190916234107j:plain

 

今日も元気に僕を照らしてくれた太陽にありがとう。

今日もおいしい空気をありがとう。

心を癒してくれる海に、草花にありがとう。

f:id:bashi1111:20190903170957j:plain

 

一緒に礼文島の景色を見て、感動を共有したい。

礼文島の自然を、もっとたくさんの人たちと「共有」したい。

この「感動」を一緒に味わいたい。

また来る日まで。

f:id:bashi1111:20190916234459j:plain



 

礼文島へのアクセス

東京・羽田空港から、

ANAで北海道・稚内空港へ。

(運賃は早期割引で片道約2万円。)

f:id:bashi1111:20190916235312j:plain

新千歳空港経由にすると、

運賃ちょっと安くなるかも、、、?

最安値検索は スカイスキャナー で⇓

 

稚内空港から、

バスで稚内フェリーターミナルへ。

(運賃600円)

 

時刻など詳しくは⇓

www.soyabus.co.jp

f:id:bashi1111:20190916234905j:plain

 

稚内フェリーターミナルから、

ハートランドフェリー礼文島(香深港)へ。

(運賃片道2,800円)

※2等客席利用

 

時刻など詳しくは⇓

www.heartlandferry.jp

 

f:id:bashi1111:20190916234826j:plain

f:id:bashi1111:20190916235005j:plain

フェリーからの景色も圧巻。

とても心地が良い。

f:id:bashi1111:20190916235110j:plain

 

礼文島については、2年前に訪問した際も記事にしているので、

合わせてご覧ください⇓

www.bashi1111.com

 

 礼文島「自然」は、

写真では1/10000000も伝えきれない!

 

ぜひ、自分の目で、

礼文島「自然」を味わってほしいです!

 

行こう!礼文島

f:id:bashi1111:20190917001016j:plain

 

 

バーシー/椎葉康祐