読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

  「豊かさ」を図る指標は、人それぞれ。

東北(岩手・宮城) ~旅の記憶~ その②

。どうも!bashiです!

 

前回の続き・・・

※前回についてはこちら参照↓↓↓

 

neofarmvillagelife.hatenablog.com

 

 

 

 

岩手・釜石にやってきました。

 

友人との感動の再開(って言いながら昨年11月に彼の結婚式で会った)、

絶品の寿司・・・

 

初日から満喫しておりました!

 

 

さて、2日目は市街地から車で30分、

「馬と共に暮らす古民家ゲストハウス」を訪ねます!

 

f:id:bashi1111:20170205081514j:plain

 

雪の残る川のほとりにある古民家、

三陸駒舎」。

 

築90年ほどの「曲がり家」と呼ばれるその家屋は、

母屋と馬の畜舎がL字型に配置されていることからその名がつけられています。

 

f:id:bashi1111:20170205081752j:plain

f:id:bashi1111:20170205081833j:plain

 

 

早速、白いお馬さんがお出迎えしてくれました!

f:id:bashi1111:20170205081707j:plain

 

 

 

 

とても癒されます。ホースセラピー。

 

母屋も畜舎も、たくさんの支援の方々が協力してリノベーション。

DIYってやつですね。

 

引き続き改修が進んでおり、随時サポーター募集中です!

kamakoma.org

 

みんなの力を結集してつくりあげる、

みんなが集う場所。

心の交流が生まれる場所。

 

この古民家を通じてたくさんの「つながり」が生まれていると、

代表の黍原さんは話してくれました。

 

僕と友人も、三陸駒舎の体験プログラムに参加!

 

 かまどで炊くごはん!&プチ馬のお世話!

 

かまどでごはんを炊くのは初めての経験。

薪木で火を起こします。

 

f:id:bashi1111:20170205081938j:plain

 

強火で約10分、火を弱くして7~8分。

その後火を止め、しばらく蒸らします。

 

蒸らしている間に、お馬さんにごはんをあげます!

「チモシー」と呼ばれる、イネ科の牧草です。

f:id:bashi1111:20170205082024j:plain

f:id:bashi1111:20170205082103j:plain

 

おいしそうにほうばっています。

 

 

さて、われわれもごはんの時間です!

f:id:bashi1111:20170205082207j:plain

 

 

粒が一つ一つ立っている。つややかなごはん。

お漬物は近くの産直で売られているもので、地域の方々の手づくり。

 

赤カブ、青豆、しその葉巻き・・・色が鮮やかです。

 

 

おいしすぎる・・・!

 

かまどのごはん、おいしすぎる・・・!

絶妙な粒の硬さ加減・・・やわらかすぎず、硬すぎず、

ちょうどいい感じ。

 

かまどのごはんを味わったら、炊飯器のごはん食えなくなりますね。

 

馬に癒され、最高の食事でもてなしてくれ、

人々の交流が生まれる場所。

心から満足しました。

 

f:id:bashi1111:20170205082354j:plain

 

 

友人も行く前はそこまで興味なかったみたいですけど、

実際行ってみてすごく楽しんでいました!

何より、忙しい毎日から解放された、

ゆったりのんびりした時間が心を満たしてくれたと。

 

 

 

皆さんもぜひ、行ってみてください!

kamakoma.org

 

 

帰りに、お昼に出てきた漬物が売っている産直に寄りました!

お店を切り盛りしているおばちゃんが優しくて、

「かますもち」をサービスしてくれた!

「かますもち」とは・・・
県北、畑作地帯の小麦粉でつくったおやつです。半月形でかます(穀物を入れるむしろの袋)の形をしているのでこの名がつきましたが、地域によって、「かまやき」「ひゅうず」等と呼び方が変わります。中には、黒砂糖とくるみと味噌をまぜたものや、砂糖味噌などの味噌あんがはいっています。小麦粉を熱湯でこねて、中に味噌あんを入れて口をとじ、ゆであげ、その後さっと焼くこともあります。
(参考)

岩手県の郷土料理|農山漁村の郷土料理百選

 

人があたたかいですねぇ・・・

お金に換えられない、心からのおもてなし。

 

https://www.instagram.com/p/BPz4zAlAmIN/

産直、やっぱいいわぁ。釜石の食べものはおいしい。#釜石#岩手#橋野どんぐり広場産地直売所#赤かぶ#かますもち

 

 

 

さて、釜石で過ごす時間も終わりが近づいてきました・・・

楽しかったなぁ・・・

 

交通費をケチるために、友人に花巻駅まで送ってもらい、

深夜バスに乗り込みます!

 

なんと、楽天ポイントを駆使して東京まで2,000円台!

安すぎ・・・

 

深夜0:50、花巻駅東口で寒空の下バスを待つ・・・

 

0:53、そろそろ来るかな?乗る前の点呼とかもあるでしょうし。

来ないなあ・・・おかしいなあ・・・

 

遅れてるのかな?運行情報を見てみよう。

 

ん?乗り場?

 

花巻駅西口・・・西口・・・

 

ここって何口?

 

東口・・・

 

 

え!?逆側??

どうやっていくの??

 

0:55発・・・発車まであと2分?

 

グーグル先生、反対側への行き方を・・・

 

 

 

めっちゃ遠回りやん!!!!!!!

 

2分間に合わん・・・とりま走る。

 

 

西口到着、0:56分

まあ、1分ぐらい遅れてるっしょ!

 

 

0:59、来ない。

 

 

1:10、来ない。

 

 

来ない。

 

 

 

・・・これ、行っちゃったやつだな。

 

 

時刻は真夜中1:15。

-1℃の世界に放り出された一人の少年。

 

f:id:bashi1111:20170205082445j:plain

 

携帯の電池、あと1%。

 

 

 

さて、どうしましょう。

 

 

 

次回へつづく。

 

bashi