【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

  「豊かさ」を図る指標は、人それぞれ。

NEO農村生活~心の豊かさを求めて~

バーシー、活動見直しのため地元宮崎で「充電期間」へ

【バーシー、活動見直しのため地元宮崎で「充電期間」へ】

 

皆さんに大切なお知らせがあります。

 

・今年(2019年)6月に予定していたルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス「みんなの家」ルワンダ建設延期

・旅する発酵veganルワンダ料理「Bashi’s Kitchen」活動を宮崎に限定

・本拠地を千葉県いすみ市宮崎県宮崎市に移動

 

バーシーは活動見直し&計画立て直しのため、

地元宮崎に戻り、一種の「充電期間」に入ります。

 

 

なぜこうなった?バーシーが「活動休止」に至るまで。

 

一言でいうと、バーシーの「無計画」さが露呈した結果です。

そもそも貯金ゼロ、自己資金ゼロでスタートした「旅する発酵veganルワンダ料理」

これまで日本全国、世界(ルワンダ6回、オーストラリア3回、ニュージーランド、ハワイ3回、シンガポール)で80回以上開催してきた料理イベントですが、

僕が「ただ行きたい」という気持ちも大きく、

たとえ参加者が集まらなくても、1人でもごはんを食べてくれる人がいれば行く。

という「超利益度外視」なことを積み重ねた結果、

生活が成り立たなくなりました。

 

f:id:bashi1111:20190329142840j:plain

また、基本的に「厳選したオーガニックの食材・調味料しか使わない」

というポリシーもあったため、材料費も高くなっていました。

でも、「いろんな方々になるべく低価格で食べてほしい」という思いから、

値段を良心的すぎる価格にしすぎた結果、利益が少なく経費ばかりかさむ始末、、、

 

それでも、昨年12月まではいすみ市地域おこし協力隊の報奨金があったので、

赤字はそれで補填できていたものの、今年1月からは協力隊を卒業し、

「旅する料理」ほぼ1本(たまに塾バイト)しか収入の柱が無かった。

イベント開催時に寄付を募ったり、ルワンダのコーヒーや紅茶などの産品を売って何とか収入を増やそうしたり、、、とやってきましたが、ついに限界、、、

 

そのため、6月に予定していた「みんなの家ルワンダ」の建設は延期

5月以降日本全国、世界各地で予定していた「Bashi’s Kitchen」の料理イベントも中止せざるを得なくなりました。

 

この一件でたくさんの方々にご迷惑をおかけしましたことを

心よりお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございませんでした。

 

「夢」をあきらめない。困難に陥ったときこそが大事な時。

 

しかし!ここでバーシーは諦めません!

 

からだにやさしい玄米自然菜食、発酵veganご飯でみんな笑顔に、こころもからだも元気にしたい。

f:id:bashi1111:20190112060624j:plain

ルワンダ農村部で心が満たされる体験の場、みんなが元気に笑顔になれる居場所づくり。

f:id:bashi1111:20190329132734j:plain

 

これはバーシーが「信念」を持って、一生涯かけて取り組んでいくと決意したことです。

なので、どんなことがあろうともあきらめません。

 

体制・計画を立て直すためにまずは心機一転、

本拠地を地元宮崎に移し、まずは自分の生活の立て直しから取り組んでいきます。

 

その中で大好きな「料理」も続け、ルワンダとのつながりも忘れることなく、

必ず「復活」いたします。

Bashi’s Kitchenの料理イベントもしばらくは宮崎開催に限定

 

ちゃんと「事業計画」を立て、「収支計算」をして、

「継続可能」なやり方で。

この経験を必ず将来に活かします!プラス思考!

 

単なる「遊び」で終わらせない。「仕事」にする。

 

今までは単なる「遊び」

でも、今の経験が「遊び」から本当に誰にでも誇れる「仕事」となるための、

一つの「課題」を与えてもらえたと感謝しています。

 

宮崎での活動については随時ブログでアップデートしてきますので、

引き続きフォローよろしくお願いします!

 

どんなことがあっても、前を向いて。

楽しく、明るく。

夢をあきらめない。

 

これが「バーシー/椎葉康祐」です。

f:id:bashi1111:20190516221248j:plain

 

よろしくお願いします!

 

 

バーシー(bashi)

【ルワンダ旅】~「農村」×「都市」×「リゾート」~アフリカ・ルワンダの3側面を楽しむ旅 with 旅するVegan料理人バーシー

旅の概要

「農村」「都市」「リゾート」という3つの側面から、

日本人にとってなじみの薄い国、アフリカ大陸のほぼ真ん中に位置する

内陸国ルワンダ」の知られざる「魅力」6日間の滞在で知ることができる、

濃密で充実したプラン!

ルワンダ生活体験」「自然体験」「現地の人々との交流」

に重点を置いているので、

一般的な観光地巡りとは一味も二味も違う滞在を楽しむことができます!

f:id:bashi1111:20180814194848j:plain

 

 

ルワンダってどんな国?

f:id:bashi1111:20190329130953j:plain

アフリカ大陸のほぼ真ん中、赤道直下に位置するルワンダ

f:id:bashi1111:20170122220332p:plain

面積は四国の1.5倍ほどで小さい。

人口は1,200万人ほどで東京都と同じくらい。

赤道直下でありながら、標高が1,500mほどで富士山5合目と同じくらいの丘陵地帯。

別名「千の丘の国(thousand hills)」と呼ばれる。

年中25℃前後の快適気候、日本の初夏の陽気が年中続くようなイメージで、

湿気も少ない。

「アフリカで一番治安が良い国」という呼び声も高く、

夜道も普通に歩ける※油断は禁物。

世界経済フォーラム「安全面・治安面ランキング」で、

日本(26位)を差し置いて堂々9位にランキングするほど。

f:id:bashi1111:20190129093325j:plain

(参考)

Travel and Tourism Competitiveness Report 2017 - Reports - World Economic Forum

 

街も清潔に保たれていて、

月に一度、第4土曜日はお店などをすべて閉めて、

国民全員が奉仕活動に取り組む。

プラスチック製のビニール袋の使用・持込が禁止されているくらい、

国を挙げて環境美化に取り組む。

「平和」「美しい」の象徴のような国。

 

f:id:bashi1111:20190419125847j:plain

ルワンダ首都キガリからバスで30分の街「ニャマタ」にある、ジェノサイドミュージアム。大虐殺の歴史を風化させないために、当時の状況がそのままに残してある。

1994年に起こった、フツ族によるツチ族の大量虐殺(ルワンダ大虐殺。3か月間で当時900万人の人口の約10%に当たる80~100万人が犠牲になった(推計))が有名だが、その後、民族の統一(フツ、ツチという分類の廃止。そもそも、その分類もベルギー植民地時代に作られたもので、もともと1つの民族であった)、平和構築の活動、IT産業をはじめとする産業改革のおかげで、「アフリカの奇跡」と称されるほどの劇的な復興と発展を遂げる。

f:id:bashi1111:20190419130428j:plain

首都キガリでは、高層ビルやホテルなどの建設ラッシュ。

【~「農村」×「都市」×「リゾート」~アフリカ・ルワンダの3側面を楽しむ旅】の内容

農村生活を楽しむ

f:id:bashi1111:20190329125253j:plain

ルワンダ農村部の自然と調和した暮らしを体験。

料理、スポーツ、ダンスを通じて、村人たちと「心」の交流を。

 

f:id:bashi1111:20190329133702j:plain
宿泊先は、村役場で働くSamuelさん(写真真ん中の男性)一家のお宅。

奥さんと、かわいい女の子のお子さん2人、お手伝いさんと暮らす。

「気遣い」「おもてなし」精神がハンパなく、感動すること間違いなし。

 

f:id:bashi1111:20190112082126j:plain

広大なバナナプランテーション、サトウキビ畑、田園風景・・・

初めて訪れるはずの場所なのに、どこか懐かしい気持ちになる。

 

 

元気いっぱい!笑顔いっぱい!かわいい子供たちが目をキラキラさせてみんなを迎え入れてくれます!

 

 

村人たちはスポーツが大好き!特に、サッカーやバレーボール!思いっきり体を動かして、心も体もリフレッシュ!

 

 

音楽が流れだすとみんな歌いだす!踊りだす!陽気でノリノリな村人たちと一緒にダンスしよう!

 

穴が掘ってあるだけのトイレ、

f:id:bashi1111:20190111182043j:plain

 

桶に水を汲んで豪快に浴びるスタイルのお風呂(シャワーなし)、、、

※水は、お手伝いさんが温めてくれたものを用意してくれるのでご安心を。

 「不便」を楽しむ、ルワンダの農村生活体験。

 

不便を知ることで、

日本の「当たり前」の生活(温水シャワーがジャージャー出る、水栓洋式トイレが普通に使えるなど)がいかに「ありがたい」か、気づくことができます。

少しの故障やトラブルにも、やさしくなれるかもしれません。

ルワンダ農村生活を通じて、「寛容さ」「やさしさ」を手に入れましょう。

 

f:id:bashi1111:20190331174047j:plain

f:id:bashi1111:20190331173535j:plain

f:id:bashi1111:20190112083900j:plain

ルワンダの大地のエネルギーがたくさん詰まった、

新鮮な野菜やフルーツでご飯を作って食べよう!

f:id:bashi1111:20190419132957j:plain

おいしいものを食べると幸せ!

  

※6月・7月渡航者のみ

村の古民家を改修して立ち上げる「ルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス『みんなの家』」。現地の大工さんの指導の下、土壁を塗ったり、土レンガを積み上げたり、、、ルワンダ農村の「家づくり」を体験しよう!

f:id:bashi1111:20190329141430j:plain

f:id:bashi1111:20190329141357j:plain

 ルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス『みんなの家』」詳細↓↓↓

www.bashi1111.com

 

 

都市生活を楽しむ

f:id:bashi1111:20190419133230j:plainルワンダの首都「キガリ」での滞在。

おしゃれなカフェやレストランで食事、ショッピングモールでのお買い物・・・

ここはアフリカ?!スタイリッシュさに驚き?!

 

首都キガリでの宿泊先はこちら!

KISEKI!

f:id:bashi1111:20190108102725j:plain

KISEKIオーナーの山田さんと。旦那様とレストラン、宿を経営。その他、ルワンダの学校給食づくりや、シングルマザーたちの支援など、幅広い活動を展開されている。

こちら、ルワンダ首都キガリ

日本食レストランKISEKI」に併設されている、

日本人専用ホステル」!

バーシー旅の常宿です!

 

こちらも、

 

✔「安い!」

✔「キレイ!」

✔「快適!」

 

の三拍子そろった、素晴らしい宿泊場所です!

f:id:bashi1111:20190108103458j:plain

寝室はドミトリー2段ベッド。虫の多いルワンダでも、蚊帳付きなので快適に過ごせます。

 

f:id:bashi1111:20190108103632j:plain

ユニットバス。ルワンダは水が貴重で、農村部とかはシャワーが無いのですが、ここはしっかりあります。もちろん、しっかりお湯出ます。

 

そして、バーシーとの旅の醍醐味、

バーシーが作る「朝食」!

 

✔ 日本から持ってきた、千葉いすみ産の「無肥料無農薬玄米」

✔ バーシーが手作りした「発酵調味料(味噌、塩糀、醤油糀など)」、

ルワンダの新鮮でおいしい「野菜」!

 

これらの融合した、

ほっこりする味。

からだにやさしい「朝食」をお楽しみください!

 

f:id:bashi1111:20190108105003j:plain

KISEKIは日本食レストランなので、キッチンはもちろん完備。バーシーが参加者の皆さんに朝食を作ります。

f:id:bashi1111:20190108105115j:plain

朝食の例。日本から持参した玄米と発酵調味料(味噌、塩糀、醤油糀など)、ルワンダの新鮮野菜で作ります!

 

KISEKI宿の特徴まとめ

 

 

✔ ベッドは蚊帳付きで快適

✔ キッチン完備

Wi-Fi完備でネット作業もOK!

✔ 日本人スタッフがいるので安心!

✔ 24時間ガードマン常駐!




 KISEKI宿の詳しい情報はこちら↓↓↓

www.kisekirwandatravel.com

  

ルワンダの首都「キガリ」の街並み。

ビル群や住宅街の中に、「緑」も混在していて、

「都市」と「自然」が調和した美しい街。

f:id:bashi1111:20190329130953j:plain

 

ルワンダ特産の「コーヒー」。

オシャレなカフェで、ルワンダの美しい景色と共に、

スッキリとしたフルーティーな味わいが特徴の

ルワンダスペシャルティコーヒー」を楽しもう!

f:id:bashi1111:20190112084251j:plain

f:id:bashi1111:20190419134048j:plain

 

ショッピングモールでは、ルワンダ土産をゲット。

特産のコーヒー、紅茶、はちみつをはじめ、

ルワンダのカラフルで柄がかわいい布「キテンゲ」で作られた洋服やキッチン小物、

バッグやポシェットなどは、日本ではなかなか手に入らないレアな品物。

f:id:bashi1111:20190112084231j:plain

f:id:bashi1111:20190331192716j:plain

 

湖畔リゾートを楽しむ

f:id:bashi1111:20190112064721j:plain

 ルワンダ西部のリゾート地「キブ湖」。

遊覧ボートやトレッキングを通じて「大自然」を楽しみながら、

ゆったりとリラックスした時間を。

 

f:id:bashi1111:20190112064841j:plain

遊覧ボートに乗ってキブ湖を周遊。穏やかな湖の美しい景色が心を癒してくれます。

 

f:id:bashi1111:20190112064956j:plain

f:id:bashi1111:20190112065215j:plain

湖に浮かぶ島々に上陸してトレッキング。おさるさんと触れ合ったり、きれいに咲いているお花を観察したり・・・

 

f:id:bashi1111:20190419135043g:plain

f:id:bashi1111:20190419135212j:plain

キブ湖に浮かぶシンボル、「ナポレオン島」。

島の形状がナポレオンの帽子に似ていることから名付けられた。

頂上に登ると、美しい湖が360度見渡せる。

f:id:bashi1111:20190112082629j:plain

壮大なパノラマは圧巻。

 

f:id:bashi1111:20190112082923j:plain

ボートで島を遊覧した後は、湖畔のレストランでゆっくりと食事を楽しみましょう。

f:id:bashi1111:20190419135454j:plain

時がたつのを忘れ、ゆったりと食事を楽しむことができます。

 

 ラストナイトはルワンダ在住の日本人と「交流パーティー」!

f:id:bashi1111:20190108093338j:plain
バーシーの「発酵Vegan」ごはんと共に、

ルワンダ在住の日本人の皆さんとパーティー

様々な職種、スキルを持った方々が集まります!

f:id:bashi1111:20190108092759j:plain

楽しい時間をシェアしましょう!

 

f:id:bashi1111:20190108105115j:plain

f:id:bashi1111:20190329142840j:plain
日本から持ってきた「糀」の発酵調味料(味噌・甘酒・塩糀など)と、

無肥料無農薬玄米・海水釜炊き天然塩と、

ルワンダのエネルギーがぎっしり詰まった新鮮野菜やフルーツで作る

「発酵Vegan」ごはん。

f:id:bashi1111:20190419135732j:plain

「発酵」の力で体の中の毒素を排出(デトックス)。

腸内環境を整えて体を元気に!

Vegan(肉魚などの動物性食材不使用。野菜と豆と雑穀の料理)なので、

ヘルシーでやさしい料理!

ルワンダ滞在中に「体質改善」が見込めます!

 

過去の参加者のみなさんの声

→単に観光であれば経験できないことをたくさん触れることができた。また、人々のフレドリーさはずば抜けて凄く、気さくなルワンダ人とのコミュニケーションが一番心に残りました(2019年2月参加・40代男性)

 

→私にとっては初アフリカだったので、最初は色々と不安もありましたが、勇気を出して行って良かったと思います!特にルワンダは、気候がよくて人々も温かく治安も良いので、アフリカ初心者には最適です。旅に行くと食事や体調管理も気になりますが、この旅では、ばーしーの作る健康的なごはんのおかげで元気に過ごせました!ルワンダはもちろん、アフリカのイメージも変わったし、もっと他のアフリカの国々も行ってみたいと思いました。(2019年2月参加・30代女性)

 

→ネットの状態だけではわからない、ルワンダの事情・文化・歴史・市場を体感できたことが何よりも大きかったです。また現地で精力的に活躍し続ける日本人の方々に沢山お会いできたことも、ばーしさんが企画して頂いたからだと改めて感じ、コストパフォーマンスの高さは抜群だと評価させて頂いております。ハプニングが都度あったことも、全てハッピーエンドで良い思い出になったことも最高体験の一つです。

(2018年3月参加・20代男性)

 

日程

以下のA~Eの日程からお選びください。

 

A: 2019年6月10日(月)夜 羽田発~2019年6月17日(月)夜 羽田戻り

ルワンダ滞在は6月11日(火)~6月16日(日)までの6日間)

 

B: 2019年6月17日(月)夜 羽田発~2019年6月24日(月)夜 羽田戻り

ルワンダ滞在は6月18日(火)~6月23日(日)までの6日間)

 

C: 2019年6月24日(月)夜 羽田発~2019年7月1日(月)夜 羽田戻り

ルワンダ滞在は6月25日(火)~6月30日(日)までの6日間)

 

D: 2019年7月4日(木)夜 羽田発~2019年7月11日(木)夜 羽田戻り

ルワンダ滞在は7月5日(金)~7月10日(水)までの6日間)

 

E: 2019年9月3日(火)夜 羽田発~2019年9月10日(火)夜 羽田戻り

ルワンダ滞在は9月4日(水)~9月9日(月)までの6日間)

 

※いずれの日程も、初日と最終日は航空機での移動のみ。機中泊となります。

※航空機は、羽田を深夜に発着する「カタール航空」を利用。カタール・ドーハ経由。羽田⇔ドーハが往路12時間、復路10時間。ドーハ⇔ルワンダキガリ)が往路8時間、復路6時間。

※現地合流したい、部分的にツアーに参加したい(農村体験だけ参加、湖畔リゾートだけ参加など)、もっと長く滞在したい(2週間、1ヶ月など)など、できる限りご要望にお応えしますのでご相談ください!

 

費用

79,800円+往復航空券

※費用には、宿泊費+バーシーの発酵vegan食(朝3回・夜2回)+現地人ガイドへの支払が含まれます。

※往復航空券(カタール航空利用)は、130,000~150,000円程度で各自手配。予約方法などサポートいたします。

※ビザ代30米ドル、現地移動費(バス、タクシー)、外食費など20,000円程度別途かかります。保険・予防接種は任意で、各自手配願います。

 

※キャンセルポリシー

渡航30日前~15日前 費用の50%

渡航14日前~7日前 費用の75%

渡航7日前~当日 費用の100%

 

定員

各日程8名。※最小催行人数4名

 

お申込み

以下のお申込みフォームより申込願います。

ルワンダ旅withバーシー・お申込みフォーム

 

 

お問合せ

メール:bashiskitchen@gmail.com

電話:080-1715-2995

 

 

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます!

 

 

バーシー/椎葉康祐

 

 

【アフリカ・ルワンダ農村に手作りの「シェア別荘&ゲストハウス(みんなの家)」を作ります!】「みんな」でつくる。みんなの「居場所」。3,000円~の「シェア別荘」。

「みんな」でつくる。みんなの「居場所」。

3,000円~の「シェア別荘」。

f:id:bashi1111:20180728093818j:plain

f:id:bashi1111:20190112082126j:plain

f:id:bashi1111:20190329125253j:plain

 

アフリカ・ルワンダ農村に手作りの「シェア別荘&ゲストハウス(みんなの家)」を作ります!

f:id:bashi1111:20180322104435j:plain


ついに始動。

アフリカ・ルワンダ農村部の「シェア別荘&ゲストハウス(みんなの家)」

たくさんの人たちの力を結集して、みんなが集える一つの「滞在拠点」を作りたいと思います。

 

f:id:bashi1111:20180615004414j:plain

2019年6月11日~7月10日

1ヶ月間かけて、アフリカ・ルワンダの農村部に渡航し、

みんなが滞在できる「シェア別荘&ゲストハウス(みんなの家)」を作りに行きます。

 

なんでルワンダにこだわるの?バーシーが「ルワンダ」にたどり着くまで

f:id:bashi1111:20180615004558j:plain


ルワンダにいるだけで、楽しいから。元気になれるから。」

 

9年前、大学受験の勉強をしていた最中にたまたま観ていた、

NHKスペシャルの「ルワンダ」特集

(参照)NHKスペシャル | アフリカンドリーム第1回 "悲劇の国"が奇跡を起こす

 

ルワンダ」といえば、25年前の「大虐殺」しかイメージが無かったのですが、、、

それが、、、

 

ん?「ルワンダ」が「内戦から奇跡の復興」?「IT」産業が盛り上がっている?

教科書で言っていることと違うじゃないか?!

 

それから、頭の中の「イメージ」と、「実際」の「ルワンダ」は違うのではないか?

と思い始めて、ルワンダへの興味がグッと湧いてきました。

 

ルワンダに行きたい」

f:id:bashi1111:20190329130301j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

ルワンダ」に行くには、「アフリカ」に関わる仕事をすれば行けるかな???

それで、「アフリカ」に関わる仕事を探しました。

 

見つけたのがJETRO。アフリカビジネスのサポートや、アフリカとの貿易促進をする部署があるらしい。

f:id:bashi1111:20190329130505j:plain

 

「アフリカに関わる仕事がしたいです!」

 

そしたら受かっちゃった。

しかも、いきなり「アフリカ」の部署に配属されて。

さらに、「ルワンダ」の案件担当を任された。

運命としか思えない!

 

そうして、初めての海外出張で訪問したのが「ルワンダ」。

f:id:bashi1111:20170313094302j:plain

 

8月、日本が猛暑の時に行ったというのもありますが、

まず「過ごしやすい気候」に感動!

f:id:bashi1111:20190329130953j:plain

ルワンダ標高1,500m、富士山5合目と同じくらいの「丘陵地帯」で、

年中25℃前後、湿気もほとんどない「超」快適気候。年中ですよ?!


そして「平和」!アフリカ一治安が良いとされ、夜道を歩いても大丈夫(もちろん油断は禁物だけど)。

f:id:bashi1111:20190329131329j:plain

 

街は清潔感にあふれていて、スーパーのビニール袋が使用禁止など、環境意識も高い!


キガリの街中 Kigali city

 

何より、「人」が温かくてやさしい。手を振ったら笑顔で返してくれる。大荷物を持っていたら親切心で手助け、道に迷っていたら向こうから寄ってきて助けてくれ、レストランやホテルなどの「おもてなし」がハンパなく丁寧、、、

f:id:bashi1111:20190129080447j:plain

 

この経験から、ルワンダのことが心底好きになり、この国と一生何かしらで関わりたい、という「情熱」が芽生えたのでした。

 

2年間勤めたJETRO退職、個人で「ルワンダ」プロジェクトスタート。

f:id:bashi1111:20190329132013j:plain

それから、2年間勤めたJETROを退職し、

ルワンダ」に特化したプロジェクトを始めました

 

一つ目は、大好きな「料理」でルワンダを紹介すること。

f:id:bashi1111:20190329132212j:plain

「Bashi’s Kitchen」という、日本全国・世界様々なところに出向いて料理をふるまい、「ルワンダ」はこんなところ!と写真や動画を使ってルワンダの魅力を語るイベントを開催し始めました。スタートして約1年半の間に、合計100回はイベントを開いたと思います。

(参照)https://www.facebook.com/bashikitchen/

 

二つ目は、大好きな「ルワンダ」を案内すること。

f:id:bashi1111:20190329132734j:plain

現地の友達と協力して、

ルワンダの「農村生活体験」や「自然体験」を楽しむプログラムをスタートしました。

 

(参照)

www.bashi1111.com

 

www.bashi1111.com

 

農村では友人の家にホームステイし、村人との交流を楽しみます。


畑開墾 cultivating@Mewogo, Rwanda


"け「い」ご"じゃなくて"け「ん」ご"@ルワンダ農村部


Chocolate Disco(チョコレイト・ディスコ)with Rwandan Children @Mwogo sector, Rwanda


【U.S.A.】改め【R.W.A.】お稽古中。

 

1年半で合計6回実施し、計16名をルワンダにご案内しました。

f:id:bashi1111:20171108233750j:plain

f:id:bashi1111:20180501101434j:plain

f:id:bashi1111:20190329133702j:plain


ルワンダ」活動2年目で始動。「ルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス」

f:id:bashi1111:20190329134213j:plain


そして今回、

多くの人たちを温かく受け入れる「拠点」を本格的につくろう、

と始めるのがルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス」です。

 

日本人にとってのメリット:【ルワンダが、日本人の「心」を豊かにしてくれる。】

f:id:bashi1111:20190329134746j:plain


ルワンダが元気をくれた。ルワンダのおかげで笑顔になれた。

 

f:id:bashi1111:20180501011658j:plain

Photo by Haruka Yoshimoto

ルワンダの人たちが、「親切」「笑顔」「人とのつながりの大切さ」を教えてくれる。

f:id:bashi1111:20180501001043j:plain

Photo by Haruka Yoshimoto

ルワンダでの滞在を通じて、

自分の「生き方」「暮らし方」を見つめなおすことができます。

f:id:bashi1111:20190108091303j:plain

ルワンダ西部、美しい「キブ湖」。

 

人にやさしくあること。

人とのつながりを大切にすること。

食べ物を、自然を、資源を大切にすること。

f:id:bashi1111:20190111183505j:plain

ルワンダ東部の農村(ゲストハウス建設予定地)には、広大な田んぼが広がる。

僕はルワンダの人たちのおかげで、

「大切なもの」に気づかされた気がします。

 

 

そして、ルワンダ「食」も魅力の一つ。

 

ルワンダの料理は、「素材」の味が生かされている「シンプル」な料理ばかり

野菜やフルーツ、豆など、「素材そのもの」がおいしい

その食材には、ルワンダの大地の「エネルギー」がたくさん詰まっています。

f:id:bashi1111:20190331173535j:plain

おいしいマンゴー。たわわになっている。

f:id:bashi1111:20190112083900j:plain

新鮮なフルーツ。味が濃厚。

f:id:bashi1111:20190331174047j:plain

とってもクリーミーなアボカド。これは「フルーツ」。

 

エネルギーのあるものを食べると、身体が元気になる感覚。

ルワンダでエネルギーをチャージしているから、

バーシーは休まず日本中、世界中を駆け巡って料理ができているのです!

 

ルワンダ「エネルギッシュ」な食べ物を食べて、

「元気」になる感覚をいろんな人にシェアしたいです!

 

そして、

ルワンダ農村の「人」と「自然」とが「調和」した暮らし

 

バナナの木や、アボカドの木。生い茂る草木、収穫し終わった農作物の幹などは、枯れると土に還り、土壌を豊かにしてくれます。

f:id:bashi1111:20190112082126j:plain

ルワンダ全土に広がるバナナツリー。

余った食べ物は、ヤギさんや牛さんなど、家畜のえさに。

ヤギさんや牛さんは、畑の雑草も食べてくれる。

うんちは畑の肥やしに。

 

自然や動物がうまいこと関わりあって、調和している、

「循環型の暮らし」がそこにはあります。

f:id:bashi1111:20190331172529j:plain

ヤギさんはルワンダ中で家畜として飼育されていて、雑草を良く食べてくれる。

 

「自然と共に生きる」。

 

自然環境を整えることは、

人々の「生きる環境」を整えることであり、

それは、人々の「暮らし」を豊かにしてくれます。

 

ルワンダ農村部の「暮らし」が、

「人々の生活」と「自然環境」のバランスの大切さを教えてくれます。

 

ルワンダ人にとってのメリット:【日本人が、ルワンダの「夢」を応援する。】

f:id:bashi1111:20180501003832j:plain



 

大学に行きたい、仕事がしたい。

飛行機に乗って世界を旅したい。

 

日本では「当たり前」または「ちょっと頑張ればできる」ことが、

彼らにとっての「夢」の一つです。

 

「ゲストハウス」としていろんな人たちを受け入れることで、

人を泊めたら収入が入ってきます。

 

その収入で大学に行ける、大学に行けたら仕事の選択肢が増える。

より幅広い「教育」の機会や「就労」の機会をつくることができます。

 

僕らのように世界中を旅して友達を作ったり、異文化を学びに行ったり、世界中と交流する機会も増えるでしょう!

 

皆さんがルワンダ農村に滞在することが、

ルワンダ農村の人たちの「夢」を応援することにつながります!

 

みんなが幸せを「シェア」する拠点

f:id:bashi1111:20180501012010j:plain


ルワンダが、日本人の「心」を豊かにしてくれる。

日本人が、ルワンダの「価値」を見出し、ルワンダの「未来」を応援する。

 

お互いが「うれしい」ことを交換しあって、「シェア」しあって、

その中でお金=価値が「循環」する仕組みを作っていきたいと思っています!

 

みんなで作りあげる、みんなが「シェア」する拠点。みんなの別荘。

 

関わっていただけた方は、その拠点に滞在しながら、

おいしいごはんを食べたり、

村人と一緒に農作業をしたり、

スポーツを楽しんだり、

歌って踊ったり、、、

笑顔が絶えない、楽しい時間を過ごすことができます。


ルワンダ農村の元気な子供たち。

 

このプロジェクトに関わっていただけた方は、

SNS上でぜひとも紹介させてほしいです。

 

関わっていただけた方に楽しさ、感動を共有したい。

 

お金の投資だけでなく、実際に一緒に作りにきてくれる方も大募集です!

 

「俺、アフリカ(ルワンダ)に別荘あるんだけど」

f:id:bashi1111:20190129083211j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

ルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス」に関わってくださった方は全員、

ルワンダに別荘がある」と堂々とおっしゃってくださいね!

 

「俺、アフリカ(ルワンダ)に別荘あるんだけど」

ハワイでもモナコでもない、「ルワンダ」に別荘!・・・レア感ありませんか???

 

日本が元気に、ルワンダが元気に。

ルワンダ農村部の日常生活。

その「当たり前」がありがたい。とても幸せ。

 

このプロジェクトを通じて、ルワンダに関わる人を増やしたい。

日本とルワンダの、共にハッピーな関係を築きたい。

感動や喜び、幸せを共有したい。

 

そう思っています。

ぜひ、このプロジェクトの「仲間」になってほしいです!

よろしくお願いします!

 

必要資金

30万円(材料費+現地大工さんの報酬+地代支払)

f:id:bashi1111:20180430065656j:plain

Photo by Yuka Konno

まず、土地代に日本円で約330,000円。こちらはバーシーのポケットマネーで支払い進めています。(220,000/330,000円。残り110,000円)

 

f:id:bashi1111:20190329141357j:plain

そして材料費。最初は更地に一からレンガを積み立てて、、、というイメージだったのですが、↓写真の家を修繕してシェア別荘&ゲストハウスを作ることになります(今年2019年3月末になって判明w)

f:id:bashi1111:20190329141430j:plain

ただ、この家かなり傷んでいて、壁を塗りなおしたり、窓を取り替えたり、屋根を取り替えたり、、、修繕費を見積もったら約500,000円かかるのだとか。

f:id:bashi1111:20190329141504j:plain

でも、この辺はルワンダ人あるあるの「もりもり見積もり」の可能性もあるので、集まった資金でなんとかしようと思います。

 

そして、ルワンダ現地の大工さんや、「ルワンダ農村ホームステイ」でお世話になっているSamuelさんにサポートいただきながら、一緒にシェア別荘&ゲストルームを作っていきたいと思っています。

f:id:bashi1111:20190329141859j:plain

Samuelさん(写真左)は、日本から連れてきたゲストを快くもてなしてくれる。

彼らには少なくとも10,000円(現地の月収平均の2倍以上)はお支払いしたいと思っています。資本主義で「価値」を変換してものとされている「お金」をちゃんと渡して、彼らの暮らしに誇りを持ってほしい、価値を感じてほしいという思いから、受け取ったお金を自分自身や子どもへの教育、仕事のスキルアップのため、夢をかなえるために使ってほしいと思っています。

 

以上より、今回は

 

・修繕費(材料費)もりもり見積もりの1/5の100,000円

・地代支払の110,000円

・Samuelさんはじめルワンダの農村の方々のための謝礼90,000円

 

合計300,000円を募りたいと思います。

 

シェア仲間になる方法&リターン

  • ゲストルーム滞在費用を買う

→ サポート額3,000円あたりルワンダ農村に1泊できます!

f:id:bashi1111:20190112065811j:plain

 

→ 高品質なルワンダのオーガニックコーヒーや紅茶、マカダミアナッツ、カラフルでエネルギッシュな柄がかわいいルワンダ鍋敷きなどを購入いただき、売上をゲストルーム建設費用に充てます!

f:id:bashi1111:20190112084251j:plain

f:id:bashi1111:20190331192716j:plain

ルワンダのカラフルな布「キテンゲ」を使った鍋敷き

ルワンダオーガニックコーヒー500g 3,000円

ルワンダオーガニック紅茶250g 1,000円

ルワンダマカダミアナッツ・塩味30g 1,000円

ルワンダマカダミアナッツ・ハニー味30g 1,000円

ルワンダカラフル布地鍋敷き 2,000円

 

ご注文はこちらから↓↓↓

https://forms.gle/9gU3bGzkyszfeFCe8

 

  • Bashi’s Kitchenの料理イベントに参加する

→ 日本各地で開催する「Bashi’s Kitchen」の料理会や料理教室、バーシーと一緒にルワンダはじめ世界各地を旅する料理旅に参加いただき、売上をゲストルーム建設費用に充てます!今後の「バーシー」出没情報・イベント開催情報は、下記リンク先の「バーシーズキッチン(Bashi’s Kitchen)Facebookページ」や「共有スケジュール」をご確認ください!

f:id:bashi1111:20190112060645j:plain

f:id:bashi1111:20190329142840j:plain

f:id:bashi1111:20190329142918j:plain




 

☆「バーシーズキッチン(Bashi’s Kitchen)Facebookページ」

https://www.facebook.com/bashikitchen/

 

☆「バーシーズキッチン(Bashi’s Kitchen)共有スケジュール」

https://calendar.google.com/calendar/b/3?cid=YmFzaGlza2l0Y2hlbkBnbWFpbC5jb20

 

 

  • バーシーと一緒にルワンダ渡航してゲストルームづくりを手伝う

→ バーシーと一緒に2019年6月11日~7月10日までの間、ルワンダで一緒にゲストルームづくりをお手伝いいただける方も大歓迎です!

「1日だけ手伝いたい」「1週間だけ手伝いたい」という方も大歓迎です!

滞在中は、現地食材と日本から持ってきた食材で作るバーシーの「発酵Veganルワンダごはん」をお楽しみください!

f:id:bashi1111:20190108095541j:plain

 

(日程)

6月10日(月)夜日本発、7月11日(木)夜日本戻り

現地滞在30日(6月11日~7月10日)

部分的な参加(1週間だけなど)も可

 

(滞在にかかる費用の目安)

往復航空券(カタール航空利用・1か月前に予約) 13~15万円程度

宿泊費 1,000円/泊

食費 500円/日

 

支払い方法

 ①銀行振込によるサポート:みずほ銀行 桜台支店 普通 1967760 シイバ コウスケ

 ②QRコード決済”PayPay”によるサポート:スマホで”PayPay”アプリをダウンロード

  →QRコードを読み取り、金額入力

 

 ※サポートいただいた後、必ず電話(080-1715-2995)またはメール(bashiskitchen@gmail.com)、Facebookメッセンジャーなどでバーシーに支払額をお知らせください。

 

その他にも、

 

「ゲストルームの装飾・ペイントをしたい!」

「このプロジェクトについてブログやSNSでシェアしたい!」

 

などなど、ゲストルームづくりに参加したい方大募集です!バーシーにご連絡ください!

 

ご連絡・お問合せ

 

電 話:080-1715-2995,

メール:bashiskitchen@gmail.com

Facebookhttps://www.facebook.com/kosuke.shiiba

Twitterhttps://twitter.com/bashi19911111

(担当:バーシー/椎葉康祐(しいばこうすけ

 

さいごに

f:id:bashi1111:20181019183304j:plain

 

僕は、

「やると決めたことは絶対にやり遂げる」

「思いを形にする」

ことをいつも念頭に置いて活動しています。

 

・千葉いすみの滞在拠点「バーシー邸」も2年間で延べ30人以上の受け入れ

 

・日本・世界各地で発酵食・Veganルワンダを紹介する「Bashi’s Kitchen」を開始して、2年間で約100回のイベント実施、新聞掲載4社(南日本新聞岩手日報日刊県民福井宮崎日日新聞(※2019年3月31日掲載予定))

 

・年4回ペースで実施している「ルワンダ農村体験ホームステイ」も2年間で16名の案内

 

などなど、この2年で怒涛のスピードで実現してきました。

 

だから、「ルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス(みんなの家)」も必ず形にしていきます!

僕の熱意にご賛同いただける方は、ぜひ一緒にこのプロジェクトやりましょう!

 

このルワンダ農村シェア別荘&ゲストハウス」は、たくさんの人たちが関わって、「みんな」の力が結集した、「みんなの家」に、みんなの「居場所」にしたいです!

よろしくお願いします!

 

バーシー/Bashi 椎葉康祐

【ルワンダ】【渡航準備】ルワンダの旅に持っていくと便利なグッズ紹介!持ち物一覧!

ルワンダ旅に際して、

お役に立ちそうな物をリスティングしていきます!

f:id:bashi1111:20190129083211j:plain

 

 

虫よけスプレー(マラリア対策)

ルワンダ、特に農村部では、

マラリアを避けるために、十分に虫除けする必要があります。

 

天然成分の虫除けスプレー

PERFECT POTIONは、虫が嫌がる天然由来の成分を使った虫除けスプレーです。

敏感肌の方や、ケミカルな成分が苦手な方は、これがオススメです!

以下から購入できます。

 

PERFECT POTION アウトドアボディ スプレー 125ml[パーフェクトポーション、虫除け、デング熱の予防に、オーガニックスプレー、むしよけ、赤ちゃん] たかくら m0 月間優良ショップ

価格:1,323円
(2019/3/15 11:16時点)
感想(0件)

ポケットティッシュ

農村部では、

トイレは穴が掘ってあるだけで、トイレットペーパーもありません。

f:id:bashi1111:20190111182043j:plain

また、街中のトイレでも「紙がない」ということがしばしば。

水に流せるティッシュを持っていきましょう!

 

ネピア ネピネピ 水に流せるポケットティシュ 20枚(10組)×16個パック

価格:158円
(2019/3/15 11:22時点)
感想(0件)

 

ウエットティッシュ

手洗い場が無い、水が汚れているなど、

手洗いできないところも多いので、

ウエットティッシュがあるといいでしょう。

 

【ユニ・チャーム】シルコット 純水99%ピュアウォーターウェットティッシュ 外出用 28枚入 ◆お取り寄せ商品【RCP】【02P03Dec16】

価格:184円
(2019/3/15 11:32時点)
感想(0件)

体拭きウエットシート

農村部では、シャワーがありません。

このように豪快に水浴びすることになります。


水も滴る良いバーシー。@ルワンダ農村

 

こんなワイルドなの無理、、、という方は、

体を拭くウェットシートを持っていきましょう。

 

【メール便可】SO_SUI 爽(ソスイ さわやか)10枚入[日焼け後 日焼け ケア 服部製紙 携帯用ボディシート フェイスシート 無添加 強酸性電解水 SOSUI]

価格:432円
(2019/3/15 11:35時点)
感想(0件)

日焼け止め

日差しがサンサンと降り注ぐルワンダ

f:id:bashi1111:20190112064721j:plain

焼きたくない!

そんな方は日焼け止めを持っていきましょう。

 

《30%OFF》【公式】アロベビー オーガニックUVクリーム(ALOBABY)リニューアル版【送料無料/楽天No.1】【新生児から使える/日焼け止め/日焼止め/UVミルク/紫外線吸収剤不使用/SPF15/出産祝い】

価格:1,814円
(2019/3/15 11:44時点)
感想(943件)

 

酔い止め

農村部までのバスの道のり。

クネクネカーブの多い山道を猛スピードで走ります。

 

車酔いする方は、酔い止め必須です。

 

【第2類医薬品】乗りもの酔いの薬 クニヒロ(12錠)【クニヒロ】

価格:388円
(2019/3/15 12:32時点)
感想(0件)

ドライヤー

バックパッカー宿、ゲストハウス、民泊。

ドライヤーが常備されていることは稀です。

ドライヤーは持っていくのが無難です。

 

海外旅行用 マルチボルテージ マイナスイオンドライヤー イオンミスティ2 NTI-32(1台入)【カシムラ】

価格:2,400円
(2019/3/15 12:36時点)
感想(0件)

目薬・コンタクト用液

ルワンダにコンビニやドラッグストアはありません。

それっぽいキオスク(売店)や薬局はありますが、

街中に行かないといけないし、オープン時間も限られています。

品ぞろえも豊富というわけではなく、、、

 

コンタクト利用している方、用品は日本から持って行ったほうがいいでしょう。

 

【送料無料】エーオーセプトクリアケア 360ml×3本セット 【使用期限1年以上】(AOセプト aoセプト クリアケア エーオーセプト 3本 コンタクト コンタクトレンズ 洗浄液)

価格:2,180円
(2019/3/15 12:40時点)
感想(115件)

コンセント変換プラグ

ルワンダ「Cタイプ」です。

どのようなプラグの形状に対応可な、

以下のようなマルチ変換プラグを持っていくといいでしょう。

 

「楽天1位」 海外 マルチ変換プラグ 海外旅行用【忘れ物防止リスト付】世界200ヶ国以上対応 海外マルチプラグ 海外 変換プラグ USB2ポート付 oタイプ cタイプ bfタイプ 海外出張 便利グッズ マルチタイプ 変換アダプタ 電源プラグ コンセント iphone 充電 日本語説明書付き

価格:1,460円
(2019/3/15 12:43時点)
感想(284件)

SIMフリー携帯

宿、空港、カフェにwi-fiはありますが、

常にオンラインで作業が必要な場合や、電話が必要な時は、

SIMフリー携帯(ルワンダ現地のSIMカードを挿入できる)」

があると便利です。

SIMフリー携帯は、

テザリング機能を使うことによってwi-fiルーター」にもなるので便利です。

SIMカードは、ルワンダの空港や携帯ショップで買えます。

 

SIMフリー 携帯電話 MOB-N17-01-WH【8068】 ichePhone-S カードサイズ 超薄型 極薄 9.5mm 超軽量 52g Android4.2 3G Wi-Fiテザリング機能 音楽再生 Bluetooth ボイスレコーダー ホワイトfuturemodel【宅配便送料無料】

価格:6,458円
(2019/3/15 12:49時点)
感想(0件)

長袖ジャケット(防水・防寒・アウトドア)

朝晩冷える(15℃~19℃)ルワンダ。急に夕立のような雨が来るルワンダ

このようなアウトドアジャケットがあると便利です。

 

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ) メンズ ヘリウムハイブリッドフーデッドジャケット 19841790 2018春夏カラー

価格:13,003円
(2019/3/15 11:05時点)
感想(0件)

 

トレッキングシューズ

農村や自然いっぱいのルワンダを散策する際に、

雨でぬかるんでいるところを歩いたり、

岩場や傾斜面を上ったりします。

専用のシューズを持っていくことをお勧めします!

 

トレッキング 23~27cm,28cmエルカント enbridge 初心者の方にもおすすめ 防水 撥水 軽量 カジュアルトレッキングシューズ「EL-812エンブリッジ」レディース メンズ 靴 ミッドカット ELCANTO アウトドア ハイキング キャンプ 登山

価格:4,980円
(2019/3/15 11:13時点)
感想(23件)

エコバッグ・ナップザック(買い物・街歩き用)

 

ルワンダは環境への意識が高く、

ビニール袋(スーパーの袋など)の持込・使用は禁止です。

ここは、日本よりも進んでいる「エコ」な取り組みですね!

 

スーパーで買い物をするときは、

紙袋をもらうか、バイオ原料の袋に詰めてもらうか、

エコバッグを持っていきます。

 

トレーダー・ジョーズ TRADER JOE'S トートバッグ マルチカラー ベジタブル柄 麻素材 エコバッグ [並行輸入品] 201704

価格:1,383円
(2019/3/19 11:42時点)
感想(0件)

 

 

また、ルワンダの主な移動手段は

「バイクタクシー」。

通称「MOTO(モト)」。

二人乗りバイクで、乗客は後ろに乗っかって行きたいところまで運んでもらいます。

 

 

ちゃんとつかまっておかないと、飛ばされそうになるので、

両手は空にしておかないと、、、

 

なので、

街歩きには「ナップザック」がおすすめです。

 

送料無料 ナップサック 巾着袋 シューズバッグ GYMSACK ジムサック 体操着入れ 洗濯OK 通学 通勤 着替え入れ 小物 リュック bag-ruck-83982

価格:507円
(2019/3/19 11:44時点)
感想(18件)

 

以上、

ルワンダ旅にあると便利なグッズを紹介しました。

 

しかしながら、結論として、

必需品:パスポート、クレジットカード、100~200USD程度の現金

最悪これさえあれば何とかなる。

これが僕の持論です(笑)

 

今回紹介したグッズはご参考までに!

【キニアルワンダ語】ルワンダ渡航時の「簡単現地語フレーズ」!

現地語(キニアルワンダ)の簡単フレーズ!

f:id:bashi1111:20190129080447j:plain

☆こんにちは

Hello

Muraho(ムラホ)

初対面や久しぶりに会ったときに使います。朝昼晩関係なく使えます。

 

☆元気?

How are you?

Amakuru?(アマクル)

「How are you?」のバリエーションは他にもたくさんありますが、これがもっともポピュラーです。

 

☆元気です

I’m fine

Ni meza (ニメーザ)

 

おはよう

Good morning

Mwaramutse(ムワラムツェ)

 

こんにちは

Good afternoon

Mwiriwe(ムウィリウェ)

 

おやすみ

Good night

Ijoro rwiza(イジョロ ルヴィーザ)

 

さよなら

Good bye

Murabeho (ムラベホ)

 

名前は?

What’s your name?

Witwa nde? (ウィトゥワ ンデ)

 

○○です。

My name is ○○

Nitwa ○○(ニトゥワ○○)

 

☆ありがとう

Thank you

Murakoze(ムラコゼ)

 

ごめんなさい

I’m sorry

Mbabarira(ンババリラ

 

はい

Yes

Yego(イェゴ)

 

いいえ

No

Oya(オヤ)

 

※最低限、☆マークのフレーズを覚えておくと、現地の方が喜んでくれます!!!

【ルワンダ】バーシーと「大自然」と、人の「温かさ」が魅力の「ルワンダの旅」へ!エネルギーチャージ!

2019年明けましておめでとうございます!

 

今年も初っ端から元気いっぱいのバーシーです👍

 

今回紹介するのは、

バーシープレゼンツの「ルワンダ」の旅!

f:id:bashi1111:20180501001043j:plain

昨年バーシーが4回渡航した、

千の丘の国「アフリカ・ルワンダ

いつ行っても、25℃前後。爽やかな気候が魅力の高原地帯です。

f:id:bashi1111:20180615004414j:plain

年中25℃前後、湿気無し。標高1,000m超えの爽やかな高原地帯。

 

毎回、日本からルワンダへ友人を案内し、

みんなルワンダの虜」になっちゃう魔法の旅でございます(^▽^)

 

1週間のルワンダ滞在を通じて、

人・自然・生き物の『つながり』を感じる、

みんなが『笑顔』になる旅。

というのがコンセプト。

具体的にどのようなことをするのか、以下に旅程を説明していきます!

 

<目次>

 

1日目:日本出発!

f:id:bashi1111:20190108083627j:plain

出発は「羽田空港」から!都内・地方空港からのアクセス抜群!

1日目は移動のみ。

 

夜22時頃、

羽田空港に集合して、深夜便でルワンダへ。

 

残念ながら、

ルワンダへの直行便はないので、

中東カタール・ドーハ経由で20時間フライト

 

ルワンダに行くには約1日かかるのですよねー。

 

利用するのは、カタール航空」!

f:id:bashi1111:20190108095541j:plain

航空会社格付けでいつも5つ星獲得の「カタール航空」。

 

✔「安い!」

✔「キレイ!」

✔「快適!」

 

の三拍子そろった、

5つ星の航空会社!

ルワンダに行くときはいつもコレ!

 

 

カタール航空の魅力はこちらでたっぷり語っています!

要チェック↓↓↓

www.bashi1111.com

 

2日目:ルワンダの首都「キガリ」に到着!

f:id:bashi1111:20190108085650j:plain

ルワンダの首都「キガリ」国際空港。爽やかな青空が広がっている。

20時間の長時間フライトさえ終われば...

ルワンダ・首都キガリに到着!

f:id:bashi1111:20190108100827j:plain

 

さて、まずは入国審査

f:id:bashi1111:20190111174657j:plain

 

ルワンダ

入国カウンターでで1ヶ月の入国VISA発給可能!!!

 

30USD支払えば(クレジットカード可)、

1ヶ月のVISAゲットだぜ!!!

便利ですねー!

 

 

無事入国審査を通り、預け荷物を受け取ったら、

この日は宿に移動して、周辺のレストランで食事するだけ。

長旅の疲れをとるために、ゆっくり休んでください。

 

首都キガリでの宿泊先はこちら!

KISEKI!

f:id:bashi1111:20190108102725j:plain

KISEKIオーナーの山田さんと。旦那様とレストラン、宿を経営。その他、ルワンダの学校給食づくりや、シングルマザーたちの支援など、幅広い活動を展開されている。

こちら、ルワンダ首都キガリ

日本食レストランKISEKI」に併設されている、

日本人専用ホステル」!

バーシー旅の常宿です!

 

こちらも、

 

✔「安い!」

✔「キレイ!」

✔「快適!」

 

の三拍子そろった、素晴らしい宿泊場所です!

f:id:bashi1111:20190108103458j:plain

寝室はドミトリー2段ベッド。虫の多いルワンダでも、蚊帳付きなので快適に過ごせます。

 

f:id:bashi1111:20190108103632j:plain

ユニットバス。ルワンダは水が貴重で、農村部とかはシャワーが無いのですが、ここはしっかりあります。もちろん、しっかりお湯出ます。

 

そして、バーシーとの旅の醍醐味、

バーシーが作る「朝食」!

 

✔ 日本から持ってきた、千葉いすみ産の「無肥料無農薬玄米」

✔ バーシーが手作りした「発酵調味料(味噌、塩糀、醤油糀など)」、

ルワンダの新鮮でおいしい「野菜」!

 

これらの融合した、

ほっこりする味。

からだにやさしい「朝食」をお楽しみください!

 

f:id:bashi1111:20190108105003j:plain

KISEKIは日本食レストランなので、キッチンはもちろん完備。バーシーが参加者の皆さんに朝食を作ります。

f:id:bashi1111:20190108105115j:plain

朝食の例。日本から持参した玄米と発酵調味料(味噌、塩糀、醤油糀など)、ルワンダの新鮮野菜で作ります!

 

KISEKI宿の特徴まとめ

 

 

✔ ベッドは蚊帳付きで快適

✔ キッチン完備

Wi-Fi完備でネット作業もOK!

✔ 日本人スタッフがいるので安心!

✔ 24時間ガードマン常駐!




 KISEKI宿の詳しい情報はこちら↓↓↓

www.kisekirwandatravel.com

 

3日目:ルワンダの農村「ムウォゴ村」で農村生活体験と住民との交流!

f:id:bashi1111:20180728093818j:plain

ルワンダの農村「ムウォゴ村」でホームステイ!現地の方々との「心」の交流!

 3日目は、ルワンダ旅」のメインプログラム!

ルワンダ農村部での「ホームステイ」!

 

ルワンダの農村、「ムウォゴ村」に住むサムエル一家(上の写真の右側)が、

皆さんをもてなしてくれます!

 

ムウォゴ村の生活を体験!

ホームステイ中は、

「村の生活」を体験します。

 

水道無ぇ。シャワーなんてありゃしねぇ。

なので、汲んできた水で豪快に「水浴び」


水も滴る良いバーシー。@ルワンダ農村

 

料理は、ガスコンロ?IH?

そんなのありません。

薪を焚いて「七輪」で調理。

f:id:bashi1111:20190111175617j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

f:id:bashi1111:20190108223715j:plain

 

トイレ?

ここにあるよ。

f:id:bashi1111:20190111182043j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

穴掘ってあるだけだけど。

ティッシュペーハーまたはウエットティシュを持参ください。

 

ムウォゴ村の村人とアクティビティ!

また、

一緒に畑を耕したり、


畑開墾 cultivating@Mewogo, Rwanda

 

スポーツしたり、


バレーボール大好きなルワンダの青年たち。

 

ダンスしたり、


ルワンダの子供たちと歌ってダンス!Sing & Dance with Rwandan children

 

ムウォゴ村の村人たちと、

たくさん交流しましょう!ワクワク!

 

広大な景色がいっぱいのムウォゴ村を散策!

 

ムウォゴ村には、

自然がいっぱい!

広大な景色広がっています。 

https://www.instagram.com/p/BkFW-5Nno3i/

Peaceful.*#rwanda #thousandhills #perfectsky #clearsky #beautiful #confortable #peaceful #mwogo #nyamata #bugesera #moto #amahoro #thisisrwanda *ルワンダ、平和だなあ。*#ルワンダ #平和

 

 

そして見てください!

バナナの木がずらーっと!

https://www.instagram.com/p/BoBlFgChdXI/

Beautiful bananas plantation.*#rwanda #mwogo #bugesera #banana #plantation #ルワンダ農村体験ツアー #ルワンダ #バナナプランテーション #バナナの木 #バナナ*日本で見ることのできない(沖縄にはあるのかな?)、自然にバナナがなっている木、広大なプランテーション。ルワンダのバナナは、甘くてジューシーで美味しい。

 

広大な田んぼも!

f:id:bashi1111:20190111183505j:plain

 

朝日が昇るころに現れる

「雲海」も、

とても幻想的。

f:id:bashi1111:20190111184211j:plain

 

この景色を前にすると、

「本当に人間ってちっぽけな存在だよなー。」

と思うわけです。

 

不安とか、悩みとか、

どーでもよくなる。

 

ルワンダ大自然のエネルギーを全身に浴びて、

心も体もリフレッシュ!

 

絶品!その辺に実っている「(日本では)高級フルーツ」!

ルワンダに行ってぜひとも味わってほしいのが、

「フルーツ」!!!

こんな感じで、市場にずらーりと並べられた、

おいしそうなフルーツ。

f:id:bashi1111:20190112083900j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

とにかく安い!

マンゴー、アボカド、1個20~30円でっせ!?

日本の1/10?!いやそれ以上?!

f:id:bashi1111:20190112084009j:plain

 そして、味が格別なんですよ!

フレッシュ。ジューシー。濃厚。

たまらんですな!!!

f:id:bashi1111:20190129090325j:plain

アボカドだけ食べに行くだけでも、ルワンダに行く価値ありですよ!

 

4日目:ルワンダ随一の絶景!「キブ湖」で大自然満喫&リラクゼーション!

f:id:bashi1111:20190108091303j:plain

ボートに乗って、大自然いっぱいの「キブ湖」を探検!

f:id:bashi1111:20190112064841j:plain

ボートに乗って「キブ湖」を探検しよう!

f:id:bashi1111:20190112065111j:plain

湖に浮かぶ小島に上陸してトレッキング!

f:id:bashi1111:20190112065215j:plain

草花に心を癒される...

f:id:bashi1111:20190112064956j:plain

カワイイおさるさんに会えるかも?!

f:id:bashi1111:20190112082629j:plain

小島の頂上から美しい湖が一望できます!

f:id:bashi1111:20190112065728j:plain

宿泊先は、目の前に湖が広がるロッジ!

f:id:bashi1111:20190112065811j:plain

竹で作られた、自然の温もりいっぱいのお部屋。

f:id:bashi1111:20190112082923j:plain

湖畔のレストランで、ゆったりとした時間を楽しみましょう。

 

5日目:「フルーツ」、「コーヒー」、「アフリカ柄の洋服・雑貨」・・・ルワンダの特産品がいっぱいのマーケットに出かけよう!

f:id:bashi1111:20190112083825j:plain

f:id:bashi1111:20190112083900j:plain

驚きのフレッシュさ!そして驚きの安さ?!ルワンダの新鮮フルーツがたくさん!

f:id:bashi1111:20190112084009j:plain

「濃厚さ」が段違い!一度食べたら忘れられない絶品「アボカド」が1個20~40円?!

f:id:bashi1111:20190112084231j:plain

f:id:bashi1111:20190112084251j:plain

スッキリとした飲み口。フルーティーな味わい。世界最高品質の「ルワンダコーヒー」。

f:id:bashi1111:20190112084356j:plain

カラフル&ユニークな柄の「アフリカ布」で、世界に一つだけの「オーダーメイド」洋服が作れちゃう!


 

いかがですか???

この「盛りだくさん」なプログラム内容!!!

 

バーシーとの「ルワンダ旅」まとめ

ルワンダ現地の人々との「交流」がメイン

ルワンダ農村部の「ホームステイ」を通じて、現地の人々の「生活体験」ができる

ルワンダの「大自然」を満喫できる

ルワンダの「野菜」や「フルーツ」などの「食」や、「コーヒー」などの「特産品」を味わうことができる

ルワンダ在住の「日本人起業家」と交流ができる

 

ルワンダでの滞在が、

皆さんの「生き方」「暮らし方」を変える

何かしらの「きっかけ」となること、

 

そして、心から「楽しい時間」「幸せな時間」となることが、

バーシーにとって何よりの「幸せ」であります!

 

春休み(3月24日~3月30日)はバーシーと「ルワンダ」へ!


ルワンダ農村の元気な子供たち。

皆さん、春休みの計画決めました?

まだという方!

思い切って「アフリカ・ルワンダの旅はいかがでしょうか???

 

次回は春休み(3月24日~3月30日)の渡航

ルワンダの旅withバーシー(3/24~3/30)

50,000円!*¹


welcome dance@coffee farm, Rwanda

 

学生さんの「卒業旅行」や、

会社勤めの方の、たまった「年休消化」に!

 

初アフリカでも安心!「平和」な国ルワンダ


キガリの街中 Kigali city

 

「アフリカって治安悪そう、、、不安。」

 

と思っておられる方も多いのではないでしょうか?

 

ご安心ください!

 

世界経済フォーラム「安全面・治安面ランキング」で、

日本(26位)を差し置いて

堂々9位にランキングするほど

安全な国、「ルワンダ」!

f:id:bashi1111:20190129093325j:plain

アフリカ初心者でも安心です!

 

(参考)

Travel and Tourism Competitiveness Report 2017 - Reports - World Economic Forum

 

ルワンダ旅エキスパート」のバーシーがご案内!

そして、

昨年4回渡航、合計7回の渡航経験

があり、

ルワンダ現地の方々や、ルワンダ在住の日本人の方々とのコネクション

を持っているバーシーが、

皆様を「ルワンダの旅」へお連れします!

サポートもバッチリ!

f:id:bashi1111:20190129083211j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

※旅行内容は天候の悪化等でやむを得ず変更になる場合がございます。

 

クレジットカード&QRコード決済「PayPay」が使えます

お支払いは「銀行振込」のほか、

「クレジットカード決済」*²、

スマホアプリ“PayPay”を利用した

QRコード決済」*³が利用できます!

 

 

詳しくはこちら→ https://paypay.ne.jp/

 

特記事項

*¹旅程のうち2日は機内泊。料金には「宿泊費・バーシー朝食・農村体験交流・現地ガイドへの支払」が含まれます。往復航空券については各自で手配願います。日本⇔ルワンダの移動方法についてご相談承ります。ルワンダ現地で合流となります。

*²別途「ご購入金額×5%」の手数料がかかります。

*³「QRコード決済」では、スマホで“PayPay”のアプリをダウンロードする必要があります。「クレジットカード」「Yahooマネー」「PayPay残高」からお支払い方法を選択できます。

 

お申込みフォームはこちら↓↓↓

goo.gl

 

 

皆様のお申込み、お待ちしております!

 

 

バーシー/Bashi

アフリカ・ルワンダへの渡航準備~予防接種編~

f:id:bashi1111:20181227102933j:plain


ルワンダって、アフリカって、『病気』のイメージがあるのだけど、
「予防接種」って受けなきゃいけないの?どんな「予防接種」を受けるの?」

 

楽しい旅行先で「病気」にかかってしまうのは本当に悲しいこと。

さて、ルワンダ渡航にはどのような「病気」対策が必要なのでしょうか?

以下にまとめてみました。

 

要約

 

ルワンダ入国に予防接種は不要で、あくまでも任意。

 

・もし予防接種を受ける場合は、

最低でも渡航1か月前」から打ち始める

 

・ただし、マラリア罹患の危険が高いので、

マラリアの原因である「蚊」の対策は万全にする

 

目次

 

ルワンダ入国に「予防接種」は必要?

f:id:bashi1111:20181227101847j:plain

 

結論から言うと、

ルワンダの入国に「予防接種は不要」!

 

ただし、以下の病気にかかるリスクがあるので、

予防接種を受ける(又は予防薬を摂取する)ことが「推奨」されています。

※「必須」ではない!あくまでも「任意」

 

A型肝炎→予防接種2~4週間間隔で2回打つ

B型肝炎→予防接種2~3回打つ。2回目は4週間後、3回目打つ場合は5ヶ月~1年後

チフス→予防接種1回。3年間効果持続。

マラリア→予防薬(マラロンなどの錠剤)を飲む

※「狂犬病」も推奨されているが、バーシーとの渡航中は動物に触れる機会は少ないので今回は省略

 

 

どこで予防接種打つの?

f:id:bashi1111:20181227103046j:plain

 

 「トラベルクリニック」を受診します。

日本全国のトラベルクリニックのリストはこちら

→ 国内トラベルクリニックリスト

 

トラベルクリニックに行けば、

予防接種を打つスケジューリングをお医者さんがしてくれますし、

マラリア予防薬の購入もそこで可能です。

 

どのくらいの日数が予防接種を打ち終わる(予防薬を飲み終わる)のに必要?

f:id:bashi1111:20181227110147j:plain

 

 

最低でも「1ヶ月」は必要。

いろいろなワクチンを接種する場合、一度に接種できないものや、間隔をあけて2回打つものもあるので、早め早めのトラベルクリニック受診を。

 

いくらお金かかるの?

f:id:bashi1111:20181227110224j:plain

 

予防接種1回で1万円前後。マラリア予防薬は1~2万円。

(例)A型肝炎ワクチン(1万円)+B型肝炎ワクチン(1万円)+マラリア予防薬(1~2万円)

=合計3~4万円

・・・けっこうお金かかります。

 

ルワンダ渡航中は「Bashi's Kitchen」が「食」で心身の健康をサポート!

f:id:bashi1111:20181227103238j:plain

 

予防接種を打つのに多くの時間と費用がかかる理由から、

全く予防接種を打たないで渡航する方も多くいます。

今までバーシーと渡航した方々は、予防接種を受けていなくても病気にかかる人は誰一人として出ていません。

むしろ、みんな以前より健康になっている気がする・・・

 

なぜかというと、

ルワンダ渡航中にバーシーが作る「玄米菜食」・「糀」を使った発酵食の力で、

腸の働きを良くして有害物資の排出を促したり、免疫力を高めたりして、

渡航中に病気にかかりにくいからだづくりをサポートしているからです!

玄米、味噌、糀の存在は偉大です!

 

ただし、少しでも心の奥底にある「不安」をぬぐい切れないという方は、

予防接種を受けることをお勧めします。

心理的ストレスは心身の健康に影響するので・・・

 

とにかく「マラリア対策(=蚊対策)」は徹底する

f:id:bashi1111:20181227103437j:plain

 

予防接種は正直打たなくても大丈夫だと個人的には思うのですが、

最も気を付けるべきはマラリアです。

 

農村部の訪問で最もかかるリスクが高いのがこのマラリア

マラリア」は、「ハマダラカ」という「蚊」を媒介して感染する、

致死率が高い病気です。

マラリア感染を防ぐために以下のような「対策」をしましょう。

 

 
  • 蚊が活発に活動する夕方~明け方は「長袖・長ズボン」で過ごし肌を露出しない

 

  • トラベルクリニックで入手できる予防薬や強力虫よけクリームを使う

 マラリア予防薬は、トラベルクリニックで処方されることで手に入れることができます。

 

またトラベルクリニックでは、

市販されていない、強力な効き目の虫よけクリームも手に入ります。

 

☆最強虫除けクリーム
 
虫除け成分の強いクリームで、トラベルクリニックでしか購入できませんが、
効き目は抜群です。
 
以下の「品川トラベルクリニック」のページにアクセスし、クリニックに「購入希望」と問い合わせてください。
ただし、敏感肌の方や、ケミカルな成分が苦手な方は、使わない方がいいです。
 
 
  • 市販の虫よけグッズで蚊対策

ドラッグストアで入手できる虫よけジェルやクリームを使います。

(※スプレーは危険物なので航空機で運ぶことができないので注意)

 

  • 敏感肌・化学物質アレルギーの方は天然成分由来の虫よけグッズを使う

植物由来の天然アロマオイルやアロマディフューザー、虫よけスプレーがこちらで購入できます↓

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー エクストラ 125ml+ハッカ125ml(2本セット) アロマ/ハーブ キャンプや花火大会、山登りにも

価格:2,890円
(2018/12/27 09:54時点)
感想(7件)

 

☆手づくり虫除けスプレー
 

また、バーシーは

アロマオイル+エタノール+水

虫よけスプレー(消臭にも使える)を自作しています。

 
スプレー容器を100円ショップ等で入手し、
ドラッグストアでエタノール「ハッカ油」を入手して、
水:エタノール:ハッカ=6:3:1の割合で混ぜると、
手づくり虫除けスプレーの完成です。
エタノールとハッカ油を持っていれば、無くなっても補充できます。
 

健栄製薬 ハッカ油P(食品添加物) 20ml

価格:409円
(2018/12/27 11:07時点)
感想(7件)

↑ ハッカ油はこちらからも入手可能!
 
  • 蚊帳を張る

農村部でのホームステイでは蚊帳が無いので、

↓のようなポータブルの蚊帳を貸し出し(レンタル料1,000円)

します。

 

【1年保証】蚊帳 ワンタッチ ワンタッチ式蚊帳 大判 幅 250cm x 高さ 160cm ワンタッチ テント テント式 虫除け 虫刺され防止 虫よけ 赤ちゃん ベビー ビッグサイズ ベッド 子供 大人 添い寝[送料無料]

価格:5,616円
(2018/12/27 10:04時点)
感想(744件)

一方、

 

ルワンダ首都キガリで滞在するゲストハウス

・自然体験ができるキブ湖で宿泊するホステル

 

には、蚊帳がベッドを覆うように設置してあるのでご安心を。

 

 

f:id:bashi1111:20181227103648j:plain

このように天井から吊り下げられた蚊帳が使えます



ルワンダ渡航の予防接種まとめ

 

改めて要約すると、

 

要約

 

ルワンダ入国に予防接種は不要で、あくまでも任意。

 

・もし予防接種を受ける場合は、

最低でも渡航1か月前」から打ち始める

 

・ただし、マラリア罹患の危険が高いので、

マラリアの原因である「蚊」の対策は万全にする

 

以上、しっかりと「病気対策」をして、

楽しいルワンダの旅を実現しましょう!

 

本記事で参考にしたサイト

 

外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/h_w/page5_000386.html

ルワンダノオト:https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/h_w/page5_000386.html