【NEO 農村生活 〜 心の豊かさを求めて〜】

  「豊かさ」を図る指標は、人それぞれ。

NEO農村生活~心の豊かさを求めて~

【ルワンダ】【渡航準備】ルワンダの旅に持っていくと便利なグッズ紹介!持ち物一覧!

ルワンダ旅に際して、

お役に立ちそうな物をリスティングしていきます!

f:id:bashi1111:20190129083211j:plain

 

 

虫よけスプレー(マラリア対策)

ルワンダ、特に農村部では、

マラリアを避けるために、十分に虫除けする必要があります。

 

天然成分の虫除けスプレー

PERFECT POTIONは、虫が嫌がる天然由来の成分を使った虫除けスプレーです。

敏感肌の方や、ケミカルな成分が苦手な方は、これがオススメです!

以下から購入できます。

 

PERFECT POTION アウトドアボディ スプレー 125ml[パーフェクトポーション、虫除け、デング熱の予防に、オーガニックスプレー、むしよけ、赤ちゃん] たかくら m0 月間優良ショップ

価格:1,323円
(2019/3/15 11:16時点)
感想(0件)

ポケットティッシュ

農村部では、

トイレは穴が掘ってあるだけで、トイレットペーパーもありません。

f:id:bashi1111:20190111182043j:plain

また、街中のトイレでも「紙がない」ということがしばしば。

水に流せるティッシュを持っていきましょう!

 

ネピア ネピネピ 水に流せるポケットティシュ 20枚(10組)×16個パック

価格:158円
(2019/3/15 11:22時点)
感想(0件)

 

ウエットティッシュ

手洗い場が無い、水が汚れているなど、

手洗いできないところも多いので、

ウエットティッシュがあるといいでしょう。

 

【ユニ・チャーム】シルコット 純水99%ピュアウォーターウェットティッシュ 外出用 28枚入 ◆お取り寄せ商品【RCP】【02P03Dec16】

価格:184円
(2019/3/15 11:32時点)
感想(0件)

体拭きウエットシート

農村部では、シャワーがありません。

このように豪快に水浴びすることになります。


水も滴る良いバーシー。@ルワンダ農村

 

こんなワイルドなの無理、、、という方は、

体を拭くウェットシートを持っていきましょう。

 

【メール便可】SO_SUI 爽(ソスイ さわやか)10枚入[日焼け後 日焼け ケア 服部製紙 携帯用ボディシート フェイスシート 無添加 強酸性電解水 SOSUI]

価格:432円
(2019/3/15 11:35時点)
感想(0件)

日焼け止め

日差しがサンサンと降り注ぐルワンダ

f:id:bashi1111:20190112064721j:plain

焼きたくない!

そんな方は日焼け止めを持っていきましょう。

 

《30%OFF》【公式】アロベビー オーガニックUVクリーム(ALOBABY)リニューアル版【送料無料/楽天No.1】【新生児から使える/日焼け止め/日焼止め/UVミルク/紫外線吸収剤不使用/SPF15/出産祝い】

価格:1,814円
(2019/3/15 11:44時点)
感想(943件)

 

酔い止め

農村部までのバスの道のり。

クネクネカーブの多い山道を猛スピードで走ります。

 

車酔いする方は、酔い止め必須です。

 

【第2類医薬品】乗りもの酔いの薬 クニヒロ(12錠)【クニヒロ】

価格:388円
(2019/3/15 12:32時点)
感想(0件)

ドライヤー

バックパッカー宿、ゲストハウス、民泊。

ドライヤーが常備されていることは稀です。

ドライヤーは持っていくのが無難です。

 

海外旅行用 マルチボルテージ マイナスイオンドライヤー イオンミスティ2 NTI-32(1台入)【カシムラ】

価格:2,400円
(2019/3/15 12:36時点)
感想(0件)

目薬・コンタクト用液

ルワンダにコンビニやドラッグストアはありません。

それっぽいキオスク(売店)や薬局はありますが、

街中に行かないといけないし、オープン時間も限られています。

品ぞろえも豊富というわけではなく、、、

 

コンタクト利用している方、用品は日本から持って行ったほうがいいでしょう。

 

【送料無料】エーオーセプトクリアケア 360ml×3本セット 【使用期限1年以上】(AOセプト aoセプト クリアケア エーオーセプト 3本 コンタクト コンタクトレンズ 洗浄液)

価格:2,180円
(2019/3/15 12:40時点)
感想(115件)

コンセント変換プラグ

ルワンダ「Cタイプ」です。

どのようなプラグの形状に対応可な、

以下のようなマルチ変換プラグを持っていくといいでしょう。

 

「楽天1位」 海外 マルチ変換プラグ 海外旅行用【忘れ物防止リスト付】世界200ヶ国以上対応 海外マルチプラグ 海外 変換プラグ USB2ポート付 oタイプ cタイプ bfタイプ 海外出張 便利グッズ マルチタイプ 変換アダプタ 電源プラグ コンセント iphone 充電 日本語説明書付き

価格:1,460円
(2019/3/15 12:43時点)
感想(284件)

SIMフリー携帯

宿、空港、カフェにwi-fiはありますが、

常にオンラインで作業が必要な場合や、電話が必要な時は、

SIMフリー携帯(ルワンダ現地のSIMカードを挿入できる)」

があると便利です。

SIMフリー携帯は、

テザリング機能を使うことによってwi-fiルーター」にもなるので便利です。

SIMカードは、ルワンダの空港や携帯ショップで買えます。

 

SIMフリー 携帯電話 MOB-N17-01-WH【8068】 ichePhone-S カードサイズ 超薄型 極薄 9.5mm 超軽量 52g Android4.2 3G Wi-Fiテザリング機能 音楽再生 Bluetooth ボイスレコーダー ホワイトfuturemodel【宅配便送料無料】

価格:6,458円
(2019/3/15 12:49時点)
感想(0件)

長袖ジャケット(防水・防寒・アウトドア)

朝晩冷える(15℃~19℃)ルワンダ。急に夕立のような雨が来るルワンダ

このようなアウトドアジャケットがあると便利です。

 

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ) メンズ ヘリウムハイブリッドフーデッドジャケット 19841790 2018春夏カラー

価格:13,003円
(2019/3/15 11:05時点)
感想(0件)

 

トレッキングシューズ

農村や自然いっぱいのルワンダを散策する際に、

雨でぬかるんでいるところを歩いたり、

岩場や傾斜面を上ったりします。

専用のシューズを持っていくことをお勧めします!

 

トレッキング 23~27cm,28cmエルカント enbridge 初心者の方にもおすすめ 防水 撥水 軽量 カジュアルトレッキングシューズ「EL-812エンブリッジ」レディース メンズ 靴 ミッドカット ELCANTO アウトドア ハイキング キャンプ 登山

価格:4,980円
(2019/3/15 11:13時点)
感想(23件)

エコバッグ・ナップザック(買い物・街歩き用)

 

ルワンダは環境への意識が高く、

ビニール袋(スーパーの袋など)の持込・使用は禁止です。

ここは、日本よりも進んでいる「エコ」な取り組みですね!

 

スーパーで買い物をするときは、

紙袋をもらうか、バイオ原料の袋に詰めてもらうか、

エコバッグを持っていきます。

 

トレーダー・ジョーズ TRADER JOE'S トートバッグ マルチカラー ベジタブル柄 麻素材 エコバッグ [並行輸入品] 201704

価格:1,383円
(2019/3/19 11:42時点)
感想(0件)

 

 

また、ルワンダの主な移動手段は

「バイクタクシー」。

通称「MOTO(モト)」。

二人乗りバイクで、乗客は後ろに乗っかって行きたいところまで運んでもらいます。

 

 

ちゃんとつかまっておかないと、飛ばされそうになるので、

両手は空にしておかないと、、、

 

なので、

街歩きには「ナップザック」がおすすめです。

 

送料無料 ナップサック 巾着袋 シューズバッグ GYMSACK ジムサック 体操着入れ 洗濯OK 通学 通勤 着替え入れ 小物 リュック bag-ruck-83982

価格:507円
(2019/3/19 11:44時点)
感想(18件)

 

以上、

ルワンダ旅にあると便利なグッズを紹介しました。

 

しかしながら、結論として、

必需品:パスポート、クレジットカード、100~200USD程度の現金

最悪これさえあれば何とかなる。

これが僕の持論です(笑)

 

今回紹介したグッズはご参考までに!

【キニアルワンダ語】ルワンダ渡航時の「簡単現地語フレーズ」!

現地語(キニアルワンダ)の簡単フレーズ!

f:id:bashi1111:20190129080447j:plain

☆こんにちは

Hello

Muraho(ムラホ)

初対面や久しぶりに会ったときに使います。朝昼晩関係なく使えます。

 

☆元気?

How are you?

Amakuru?(アマクル)

「How are you?」のバリエーションは他にもたくさんありますが、これがもっともポピュラーです。

 

☆元気です

I’m fine

Ni meza (ニメーザ)

 

おはよう

Good morning

Mwaramutse(ムワラムツェ)

 

こんにちは

Good afternoon

Mwiriwe(ムウィリウェ)

 

おやすみ

Good night

Ijoro rwiza(イジョロ ルヴィーザ)

 

さよなら

Good bye

Murabeho (ムラベホ)

 

名前は?

What’s your name?

Witwa nde? (ウィトゥワ ンデ)

 

○○です。

My name is ○○

Nitwa ○○(ニトゥワ○○)

 

☆ありがとう

Thank you

Murakoze(ムラコゼ)

 

ごめんなさい

I’m sorry

Mbabarira(ンババリラ

 

はい

Yes

Yego(イェゴ)

 

いいえ

No

Oya(オヤ)

 

※最低限、☆マークのフレーズを覚えておくと、現地の方が喜んでくれます!!!

【ルワンダ】バーシーと「大自然」と、人の「温かさ」が魅力の「ルワンダの旅」へ!エネルギーチャージ!

2019年明けましておめでとうございます!

 

今年も初っ端から元気いっぱいのバーシーです👍

 

今回紹介するのは、

バーシープレゼンツの「ルワンダ」の旅!

f:id:bashi1111:20180501001043j:plain

昨年バーシーが4回渡航した、

千の丘の国「アフリカ・ルワンダ

いつ行っても、25℃前後。爽やかな気候が魅力の高原地帯です。

f:id:bashi1111:20180615004414j:plain

年中25℃前後、湿気無し。標高1,000m超えの爽やかな高原地帯。

 

毎回、日本からルワンダへ友人を案内し、

みんなルワンダの虜」になっちゃう魔法の旅でございます(^▽^)

 

1週間のルワンダ滞在を通じて、

人・自然・生き物の『つながり』を感じる、

みんなが『笑顔』になる旅。

というのがコンセプト。

具体的にどのようなことをするのか、以下に旅程を説明していきます!

 

<目次>

 

1日目:日本出発!

f:id:bashi1111:20190108083627j:plain

出発は「羽田空港」から!都内・地方空港からのアクセス抜群!

1日目は移動のみ。

 

夜22時頃、

羽田空港に集合して、深夜便でルワンダへ。

 

残念ながら、

ルワンダへの直行便はないので、

中東カタール・ドーハ経由で20時間フライト

 

ルワンダに行くには約1日かかるのですよねー。

 

利用するのは、カタール航空」!

f:id:bashi1111:20190108095541j:plain

航空会社格付けでいつも5つ星獲得の「カタール航空」。

 

✔「安い!」

✔「キレイ!」

✔「快適!」

 

の三拍子そろった、

5つ星の航空会社!

ルワンダに行くときはいつもコレ!

 

 

カタール航空の魅力はこちらでたっぷり語っています!

要チェック↓↓↓

www.bashi1111.com

 

2日目:ルワンダの首都「キガリ」に到着!

f:id:bashi1111:20190108085650j:plain

ルワンダの首都「キガリ」国際空港。爽やかな青空が広がっている。

20時間の長時間フライトさえ終われば...

ルワンダ・首都キガリに到着!

f:id:bashi1111:20190108100827j:plain

 

さて、まずは入国審査

f:id:bashi1111:20190111174657j:plain

 

ルワンダ

入国カウンターでで1ヶ月の入国VISA発給可能!!!

 

30USD支払えば(クレジットカード可)、

1ヶ月のVISAゲットだぜ!!!

便利ですねー!

 

 

無事入国審査を通り、預け荷物を受け取ったら、

この日は宿に移動して、周辺のレストランで食事するだけ。

長旅の疲れをとるために、ゆっくり休んでください。

 

首都キガリでの宿泊先はこちら!

KISEKI!

f:id:bashi1111:20190108102725j:plain

KISEKIオーナーの山田さんと。旦那様とレストラン、宿を経営。その他、ルワンダの学校給食づくりや、シングルマザーたちの支援など、幅広い活動を展開されている。

こちら、ルワンダ首都キガリ

日本食レストランKISEKI」に併設されている、

日本人専用ホステル」!

バーシー旅の常宿です!

 

こちらも、

 

✔「安い!」

✔「キレイ!」

✔「快適!」

 

の三拍子そろった、素晴らしい宿泊場所です!

f:id:bashi1111:20190108103458j:plain

寝室はドミトリー2段ベッド。虫の多いルワンダでも、蚊帳付きなので快適に過ごせます。

 

f:id:bashi1111:20190108103632j:plain

ユニットバス。ルワンダは水が貴重で、農村部とかはシャワーが無いのですが、ここはしっかりあります。もちろん、しっかりお湯出ます。

 

そして、バーシーとの旅の醍醐味、

バーシーが作る「朝食」!

 

✔ 日本から持ってきた、千葉いすみ産の「無肥料無農薬玄米」

✔ バーシーが手作りした「発酵調味料(味噌、塩糀、醤油糀など)」、

ルワンダの新鮮でおいしい「野菜」!

 

これらの融合した、

ほっこりする味。

からだにやさしい「朝食」をお楽しみください!

 

f:id:bashi1111:20190108105003j:plain

KISEKIは日本食レストランなので、キッチンはもちろん完備。バーシーが参加者の皆さんに朝食を作ります。

f:id:bashi1111:20190108105115j:plain

朝食の例。日本から持参した玄米と発酵調味料(味噌、塩糀、醤油糀など)、ルワンダの新鮮野菜で作ります!

 

KISEKI宿の特徴まとめ

 

 

✔ ベッドは蚊帳付きで快適

✔ キッチン完備

Wi-Fi完備でネット作業もOK!

✔ 日本人スタッフがいるので安心!

✔ 24時間ガードマン常駐!




 KISEKI宿の詳しい情報はこちら↓↓↓

www.kisekirwandatravel.com

 

3日目:ルワンダの農村「ムウォゴ村」で農村生活体験と住民との交流!

f:id:bashi1111:20180728093818j:plain

ルワンダの農村「ムウォゴ村」でホームステイ!現地の方々との「心」の交流!

 3日目は、ルワンダ旅」のメインプログラム!

ルワンダ農村部での「ホームステイ」!

 

ルワンダの農村、「ムウォゴ村」に住むサムエル一家(上の写真の右側)が、

皆さんをもてなしてくれます!

 

ムウォゴ村の生活を体験!

ホームステイ中は、

「村の生活」を体験します。

 

水道無ぇ。シャワーなんてありゃしねぇ。

なので、汲んできた水で豪快に「水浴び」


水も滴る良いバーシー。@ルワンダ農村

 

料理は、ガスコンロ?IH?

そんなのありません。

薪を焚いて「七輪」で調理。

f:id:bashi1111:20190111175617j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

f:id:bashi1111:20190108223715j:plain

 

トイレ?

ここにあるよ。

f:id:bashi1111:20190111182043j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

穴掘ってあるだけだけど。

ティッシュペーハーまたはウエットティシュを持参ください。

 

ムウォゴ村の村人とアクティビティ!

また、

一緒に畑を耕したり、


畑開墾 cultivating@Mewogo, Rwanda

 

スポーツしたり、


バレーボール大好きなルワンダの青年たち。

 

ダンスしたり、


ルワンダの子供たちと歌ってダンス!Sing & Dance with Rwandan children

 

ムウォゴ村の村人たちと、

たくさん交流しましょう!ワクワク!

 

広大な景色がいっぱいのムウォゴ村を散策!

 

ムウォゴ村には、

自然がいっぱい!

広大な景色広がっています。 

https://www.instagram.com/p/BkFW-5Nno3i/

Peaceful.*#rwanda #thousandhills #perfectsky #clearsky #beautiful #confortable #peaceful #mwogo #nyamata #bugesera #moto #amahoro #thisisrwanda *ルワンダ、平和だなあ。*#ルワンダ #平和

 

 

そして見てください!

バナナの木がずらーっと!

https://www.instagram.com/p/BoBlFgChdXI/

Beautiful bananas plantation.*#rwanda #mwogo #bugesera #banana #plantation #ルワンダ農村体験ツアー #ルワンダ #バナナプランテーション #バナナの木 #バナナ*日本で見ることのできない(沖縄にはあるのかな?)、自然にバナナがなっている木、広大なプランテーション。ルワンダのバナナは、甘くてジューシーで美味しい。

 

広大な田んぼも!

f:id:bashi1111:20190111183505j:plain

 

朝日が昇るころに現れる

「雲海」も、

とても幻想的。

f:id:bashi1111:20190111184211j:plain

 

この景色を前にすると、

「本当に人間ってちっぽけな存在だよなー。」

と思うわけです。

 

不安とか、悩みとか、

どーでもよくなる。

 

ルワンダ大自然のエネルギーを全身に浴びて、

心も体もリフレッシュ!

 

絶品!その辺に実っている「(日本では)高級フルーツ」!

ルワンダに行ってぜひとも味わってほしいのが、

「フルーツ」!!!

こんな感じで、市場にずらーりと並べられた、

おいしそうなフルーツ。

f:id:bashi1111:20190112083900j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

とにかく安い!

マンゴー、アボカド、1個20~30円でっせ!?

日本の1/10?!いやそれ以上?!

f:id:bashi1111:20190112084009j:plain

 そして、味が格別なんですよ!

フレッシュ。ジューシー。濃厚。

たまらんですな!!!

f:id:bashi1111:20190129090325j:plain

アボカドだけ食べに行くだけでも、ルワンダに行く価値ありですよ!

 

4日目:ルワンダ随一の絶景!「キブ湖」で大自然満喫&リラクゼーション!

f:id:bashi1111:20190108091303j:plain

ボートに乗って、大自然いっぱいの「キブ湖」を探検!

f:id:bashi1111:20190112064841j:plain

ボートに乗って「キブ湖」を探検しよう!

f:id:bashi1111:20190112065111j:plain

湖に浮かぶ小島に上陸してトレッキング!

f:id:bashi1111:20190112065215j:plain

草花に心を癒される...

f:id:bashi1111:20190112064956j:plain

カワイイおさるさんに会えるかも?!

f:id:bashi1111:20190112082629j:plain

小島の頂上から美しい湖が一望できます!

f:id:bashi1111:20190112065728j:plain

宿泊先は、目の前に湖が広がるロッジ!

f:id:bashi1111:20190112065811j:plain

竹で作られた、自然の温もりいっぱいのお部屋。

f:id:bashi1111:20190112082923j:plain

湖畔のレストランで、ゆったりとした時間を楽しみましょう。

 

5日目:「フルーツ」、「コーヒー」、「アフリカ柄の洋服・雑貨」・・・ルワンダの特産品がいっぱいのマーケットに出かけよう!

f:id:bashi1111:20190112083825j:plain

f:id:bashi1111:20190112083900j:plain

驚きのフレッシュさ!そして驚きの安さ?!ルワンダの新鮮フルーツがたくさん!

f:id:bashi1111:20190112084009j:plain

「濃厚さ」が段違い!一度食べたら忘れられない絶品「アボカド」が1個20~40円?!

f:id:bashi1111:20190112084231j:plain

f:id:bashi1111:20190112084251j:plain

スッキリとした飲み口。フルーティーな味わい。世界最高品質の「ルワンダコーヒー」。

f:id:bashi1111:20190112084356j:plain

カラフル&ユニークな柄の「アフリカ布」で、世界に一つだけの「オーダーメイド」洋服が作れちゃう!


 

いかがですか???

この「盛りだくさん」なプログラム内容!!!

 

バーシーとの「ルワンダ旅」まとめ

ルワンダ現地の人々との「交流」がメイン

ルワンダ農村部の「ホームステイ」を通じて、現地の人々の「生活体験」ができる

ルワンダの「大自然」を満喫できる

ルワンダの「野菜」や「フルーツ」などの「食」や、「コーヒー」などの「特産品」を味わうことができる

ルワンダ在住の「日本人起業家」と交流ができる

 

ルワンダでの滞在が、

皆さんの「生き方」「暮らし方」を変える

何かしらの「きっかけ」となること、

 

そして、心から「楽しい時間」「幸せな時間」となることが、

バーシーにとって何よりの「幸せ」であります!

 

春休み(3月24日~3月30日)はバーシーと「ルワンダ」へ!


ルワンダ農村の元気な子供たち。

皆さん、春休みの計画決めました?

まだという方!

思い切って「アフリカ・ルワンダの旅はいかがでしょうか???

 

次回は春休み(3月24日~3月30日)の渡航

ルワンダの旅withバーシー(3/24~3/30)

50,000円!*¹


welcome dance@coffee farm, Rwanda

 

学生さんの「卒業旅行」や、

会社勤めの方の、たまった「年休消化」に!

 

初アフリカでも安心!「平和」な国ルワンダ


キガリの街中 Kigali city

 

「アフリカって治安悪そう、、、不安。」

 

と思っておられる方も多いのではないでしょうか?

 

ご安心ください!

 

世界経済フォーラム「安全面・治安面ランキング」で、

日本(26位)を差し置いて

堂々9位にランキングするほど

安全な国、「ルワンダ」!

f:id:bashi1111:20190129093325j:plain

アフリカ初心者でも安心です!

 

(参考)

Travel and Tourism Competitiveness Report 2017 - Reports - World Economic Forum

 

ルワンダ旅エキスパート」のバーシーがご案内!

そして、

昨年4回渡航、合計7回の渡航経験

があり、

ルワンダ現地の方々や、ルワンダ在住の日本人の方々とのコネクション

を持っているバーシーが、

皆様を「ルワンダの旅」へお連れします!

サポートもバッチリ!

f:id:bashi1111:20190129083211j:plain

Photo by Jigen Teshirogi

※旅行内容は天候の悪化等でやむを得ず変更になる場合がございます。

 

クレジットカード&QRコード決済「PayPay」が使えます

お支払いは「銀行振込」のほか、

「クレジットカード決済」*²、

スマホアプリ“PayPay”を利用した

QRコード決済」*³が利用できます!

 

 

詳しくはこちら→ https://paypay.ne.jp/

 

特記事項

*¹旅程のうち2日は機内泊。料金には「宿泊費・バーシー朝食・農村体験交流・現地ガイドへの支払」が含まれます。往復航空券については各自で手配願います。日本⇔ルワンダの移動方法についてご相談承ります。ルワンダ現地で合流となります。

*²別途「ご購入金額×5%」の手数料がかかります。

*³「QRコード決済」では、スマホで“PayPay”のアプリをダウンロードする必要があります。「クレジットカード」「Yahooマネー」「PayPay残高」からお支払い方法を選択できます。

 

お申込みフォームはこちら↓↓↓

goo.gl

 

 

皆様のお申込み、お待ちしております!

 

 

バーシー/Bashi

アフリカ・ルワンダへの渡航準備~予防接種編~

f:id:bashi1111:20181227102933j:plain


ルワンダって、アフリカって、『病気』のイメージがあるのだけど、
「予防接種」って受けなきゃいけないの?どんな「予防接種」を受けるの?」

 

楽しい旅行先で「病気」にかかってしまうのは本当に悲しいこと。

さて、ルワンダ渡航にはどのような「病気」対策が必要なのでしょうか?

以下にまとめてみました。

 

要約

 

ルワンダ入国に予防接種は不要で、あくまでも任意。

 

・もし予防接種を受ける場合は、

最低でも渡航1か月前」から打ち始める

 

・ただし、マラリア罹患の危険が高いので、

マラリアの原因である「蚊」の対策は万全にする

 

目次

 

ルワンダ入国に「予防接種」は必要?

f:id:bashi1111:20181227101847j:plain

 

結論から言うと、

ルワンダの入国に「予防接種は不要」!

 

ただし、以下の病気にかかるリスクがあるので、

予防接種を受ける(又は予防薬を摂取する)ことが「推奨」されています。

※「必須」ではない!あくまでも「任意」

 

A型肝炎→予防接種2~4週間間隔で2回打つ

B型肝炎→予防接種2~3回打つ。2回目は4週間後、3回目打つ場合は5ヶ月~1年後

チフス→予防接種1回。3年間効果持続。

マラリア→予防薬(マラロンなどの錠剤)を飲む

※「狂犬病」も推奨されているが、バーシーとの渡航中は動物に触れる機会は少ないので今回は省略

 

 

どこで予防接種打つの?

f:id:bashi1111:20181227103046j:plain

 

 「トラベルクリニック」を受診します。

日本全国のトラベルクリニックのリストはこちら

→ 国内トラベルクリニックリスト

 

トラベルクリニックに行けば、

予防接種を打つスケジューリングをお医者さんがしてくれますし、

マラリア予防薬の購入もそこで可能です。

 

どのくらいの日数が予防接種を打ち終わる(予防薬を飲み終わる)のに必要?

f:id:bashi1111:20181227110147j:plain

 

 

最低でも「1ヶ月」は必要。

いろいろなワクチンを接種する場合、一度に接種できないものや、間隔をあけて2回打つものもあるので、早め早めのトラベルクリニック受診を。

 

いくらお金かかるの?

f:id:bashi1111:20181227110224j:plain

 

予防接種1回で1万円前後。マラリア予防薬は1~2万円。

(例)A型肝炎ワクチン(1万円)+B型肝炎ワクチン(1万円)+マラリア予防薬(1~2万円)

=合計3~4万円

・・・けっこうお金かかります。

 

ルワンダ渡航中は「Bashi's Kitchen」が「食」で心身の健康をサポート!

f:id:bashi1111:20181227103238j:plain

 

予防接種を打つのに多くの時間と費用がかかる理由から、

全く予防接種を打たないで渡航する方も多くいます。

今までバーシーと渡航した方々は、予防接種を受けていなくても病気にかかる人は誰一人として出ていません。

むしろ、みんな以前より健康になっている気がする・・・

 

なぜかというと、

ルワンダ渡航中にバーシーが作る「玄米菜食」・「糀」を使った発酵食の力で、

腸の働きを良くして有害物資の排出を促したり、免疫力を高めたりして、

渡航中に病気にかかりにくいからだづくりをサポートしているからです!

玄米、味噌、糀の存在は偉大です!

 

ただし、少しでも心の奥底にある「不安」をぬぐい切れないという方は、

予防接種を受けることをお勧めします。

心理的ストレスは心身の健康に影響するので・・・

 

とにかく「マラリア対策(=蚊対策)」は徹底する

f:id:bashi1111:20181227103437j:plain

 

予防接種は正直打たなくても大丈夫だと個人的には思うのですが、

最も気を付けるべきはマラリアです。

 

農村部の訪問で最もかかるリスクが高いのがこのマラリア

マラリア」は、「ハマダラカ」という「蚊」を媒介して感染する、

致死率が高い病気です。

マラリア感染を防ぐために以下のような「対策」をしましょう。

 

 
  • 蚊が活発に活動する夕方~明け方は「長袖・長ズボン」で過ごし肌を露出しない

 

  • トラベルクリニックで入手できる予防薬や強力虫よけクリームを使う

 マラリア予防薬は、トラベルクリニックで処方されることで手に入れることができます。

 

またトラベルクリニックでは、

市販されていない、強力な効き目の虫よけクリームも手に入ります。

 

☆最強虫除けクリーム
 
虫除け成分の強いクリームで、トラベルクリニックでしか購入できませんが、
効き目は抜群です。
 
以下の「品川トラベルクリニック」のページにアクセスし、クリニックに「購入希望」と問い合わせてください。
ただし、敏感肌の方や、ケミカルな成分が苦手な方は、使わない方がいいです。
 
 
  • 市販の虫よけグッズで蚊対策

ドラッグストアで入手できる虫よけジェルやクリームを使います。

(※スプレーは危険物なので航空機で運ぶことができないので注意)

 

  • 敏感肌・化学物質アレルギーの方は天然成分由来の虫よけグッズを使う

植物由来の天然アロマオイルやアロマディフューザー、虫よけスプレーがこちらで購入できます↓

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー エクストラ 125ml+ハッカ125ml(2本セット) アロマ/ハーブ キャンプや花火大会、山登りにも

価格:2,890円
(2018/12/27 09:54時点)
感想(7件)

 

☆手づくり虫除けスプレー
 

また、バーシーは

アロマオイル+エタノール+水

虫よけスプレー(消臭にも使える)を自作しています。

 
スプレー容器を100円ショップ等で入手し、
ドラッグストアでエタノール「ハッカ油」を入手して、
水:エタノール:ハッカ=6:3:1の割合で混ぜると、
手づくり虫除けスプレーの完成です。
エタノールとハッカ油を持っていれば、無くなっても補充できます。
 

健栄製薬 ハッカ油P(食品添加物) 20ml

価格:409円
(2018/12/27 11:07時点)
感想(7件)

↑ ハッカ油はこちらからも入手可能!
 
  • 蚊帳を張る

農村部でのホームステイでは蚊帳が無いので、

↓のようなポータブルの蚊帳を貸し出し(レンタル料1,000円)

します。

 

【1年保証】蚊帳 ワンタッチ ワンタッチ式蚊帳 大判 幅 250cm x 高さ 160cm ワンタッチ テント テント式 虫除け 虫刺され防止 虫よけ 赤ちゃん ベビー ビッグサイズ ベッド 子供 大人 添い寝[送料無料]

価格:5,616円
(2018/12/27 10:04時点)
感想(744件)

一方、

 

ルワンダ首都キガリで滞在するゲストハウス

・自然体験ができるキブ湖で宿泊するホステル

 

には、蚊帳がベッドを覆うように設置してあるのでご安心を。

 

 

f:id:bashi1111:20181227103648j:plain

このように天井から吊り下げられた蚊帳が使えます



ルワンダ渡航の予防接種まとめ

 

改めて要約すると、

 

要約

 

ルワンダ入国に予防接種は不要で、あくまでも任意。

 

・もし予防接種を受ける場合は、

最低でも渡航1か月前」から打ち始める

 

・ただし、マラリア罹患の危険が高いので、

マラリアの原因である「蚊」の対策は万全にする

 

以上、しっかりと「病気対策」をして、

楽しいルワンダの旅を実現しましょう!

 

本記事で参考にしたサイト

 

外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/h_w/page5_000386.html

ルワンダノオト:https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/h_w/page5_000386.html

「高知れいほく(嶺北)」で見つけた生き方いろいろ!自由に生きればいいじゃない!若者たちが「チャレンジ」する環境づくりに取り組む「高知れいほく」について紹介するよ。

こんにちは!バーシー(bashi)です!

 

 

もう、夏も終わりですね。9月入って一気にひんやりして驚いてます、、、

んで、もう10月。秋ですね。

 

猛暑の夏。平成最後の夏(ハッシュタグ)。

皆さんはどのようにお過ごしでしたか。

 

僕はですねー、西日本(四国・中国・近畿)をいろいろ回って、

料理イベントやネットワークづくりをしておりました!

 

そのなかで訪問した場所のひとつ、

「高知・れいほく(嶺北)」

f:id:bashi1111:20180912102838j:plain

まあー、非常に山奥でございます。

 

ところが、こんな「山奥」に、

自由に生き生きと暮らす「若者たちのコミュニティ」があるというもんだから、

ビックリです!

一体どんなコミュニティ?

 

今回は、「高知・れいほく(嶺北)」コミュニティでの

「出会い」と「体験」

そしてバーシーが主催した「料理イベント【もったいないキッチン】」

の様子について綴っていきます!

 

<目次>

 

「れいほく若者コミュニティ」を引っ張る矢野大地くん(NPOひとまき代表理事・拠点「だいちハウス」運営管理)

f:id:bashi1111:20180923041314j:plain

 

「高知・れいほく(嶺北)」には、

若者が自由に生き生きと暮らすコミュニティがあります。

 

そのコミュニティを牽引するのが、

矢野大地くん。

僕と同い年。1991年生(彼は早生まれで1992年1月)。

 

大地との出会いについては、過去記事参照ください。

 

www.bashi1111.com

 

今回、2017年5月以来、2回目の訪問。

前回の訪問は弾丸訪問で滞在時間が24時間も無かった・・・

なので今回はゆっくり、1週間の滞在です。

 

大地はNPO法人ひとまき代表理事をしており、

「若者が自由に多様な生き方ができる、チャレンジできる環境づくり」

のために活動しています。

大地自身も、「自由で多様な生き方」を実践する一人。

 

(矢野大地のプロフィール)

yanodaichi.com

 

ご存知のとおり?僕も「自由で多様な生き方」を実践する一人であり、

矢野大地は、共感しあえる大切な仲間です。

 

(バーシーのプロフィール)

www.bashi1111.com

 

 

今回、彼が運営する拠点、

雲海が見える古民家「だいちハウス」でお世話になりながら、

 

✔ れいほくに居住する方々とのネットワークづくり

✔ コミュニティづくりのノウハウの共有

✔ バーシー主催の料理イベント「もったいないキッチン」運営サポート

 

などなど、れいほく滞在にかかる様々なことをアレンジしてくれました。

そんな高知れいほくでの滞在を振り返ってみたいと思います。

 

れいほくの若者を支える「真」サポーター、イケダハヤトさん。

f:id:bashi1111:20180923041357j:plain

 

高知れいほくには、

「こだわりを持って農作物を作る生産者さん」

(ミシマファームさん・無肥料無農薬の「ぶどう」栽培)

 

f:id:bashi1111:20180930092541j:plain

こだわり巨峰農園ミシマファーム - mishimafarm

 

 

「産品のブランド化と販路拡大に取り組むフードクリエイター」

(宇野友香子さん・NPOひとまきフードクリエイティ部、卵ピクルス【琥珀のろべると】開発販売)

twitter.com

f:id:bashi1111:20180930092758j:plain

 

「斬新なアイデアと取り組みで地域の『教育』改革に取り組むNPO

NPO法人SOMA・土佐町の教育支援、集会所「あこ」運営)

nposoma.org

 

 

・・・など、ワクワクすることに取り組んでいる、

いい意味で「尖って」いて、面白い方々がたくさん集まっている。

(↑でサラッと紹介してしまった方々については次回以降詳しく紹介します)

 

その中で、ブロガー界隈で「尖っている」ことで有名で、

「『インフルエンサー』として情報発信を通じて社会に大きな影響を与えている、

プロブロガー」といえば、

イケダハヤトさん。

twitter.com

  

イケハヤさんは、

 

まだ東京で消耗してるの?

 

と、

単に社会を刺激する(かみつく?)発信をするだけに思われるかもしれませんが、

そうでは無いです。

 

若者中心に、

人が「面白いこと」「ワクワクすること」に取り組めるように、

「環境」づくり

に取り組んでいるし、

 

「チャレンジ」する若者にどんどん投資しているし。

 

れいほくにおいて、若者を支える「真」のサポーターであり

若者の「コミュニティマネージャー」でした。

 

www.ikedahayato.com

↑もう募集は終了していますが、

例えば、学生ブロガー向けにオンライン参加費を支援したりとか、

 

www.ikedahayato.com

↑のように、次世代を育成するコミュニティづくりに力を入れていたり。

 

バーシーにもチャレンジの機会(「もったいないキッチン」の開催)を提供してもらったよ

f:id:bashi1111:20180930094153j:plain

高知れいほく滞在中に開催した「もったいないキッチン」も、

NPOひとまきが取り組む「若者がチャレンジする環境づくり」の一環。

 

☆もったいないキッチンについてはこちらを参照

www.bashi1111.com

 

会場費無料で、NPO法人ひとまきが運営するれいほくの滞在拠点、

「シェアハウスわんく」を提供いただき、

開催に結びついた「もったいないキッチン」

f:id:bashi1111:20180930094215j:plain

 

☆「シェアハウスわんく」入居者募集中だってよ!

hitomaki.org

 

高知れいほくでの滞在で、「コミュニティ」づくりに対する意欲が沸いた

f:id:bashi1111:20180930094843j:plain

 

「生き方に正解も間違いもないし。いろんな生き方ができることを、自分の活動を通じて伝えたいし、いろんな生き方が受け入れられる社会。」

 

「我慢せず、心を痛めず、みんなが自由にチャレンジできる環境づくり。」

 

大地は、自身の活動でこれらに本気で取り組んでいて、

実際にその「環境」ができている。

 

僕もこんな「コミュニティ」を作りたい。

大地から刺激をもらいました。

 

f:id:bashi1111:20180930094809j:plain

高知の山奥の古民家。

一般的には「生活が不便」と思われる場所で、

大地は「若者がチャレンジできる」拠点を作っている。

 

僕もやりたい。やる。

千葉いすみで。宮崎椎葉村で。アフリカルワンダで。

f:id:bashi1111:20180930094529j:plain

 

「高知・れいほく」のような場所がもっと増えるといい。

いろんな人が「自由に生きるコミュニティづくり」を。

社会は変わる。世の中は明るくなる。

 

人々がそれぞれいろんな生き方を試せて、チャレンジできる場。

まずは「高知れいほく」に足を運んでみて、

それを体感してみるのがいいかもしれません!

 

そんな「高知れいほく」では、

NPO法人ひとまきが主体になって、

滞在型のプログラムが始まろうとしています!

 

その名も、

「マキワリプログラム」

(詳細はこちら↓↓↓)


hitomaki.org

 

「生き方は何度でも選べる」

をテーマに活動している「ひとまき」

 

「マキワリプログラム」では、

高知れいほくに1週間の短期滞在をしながら、

 

・「自分自身」と向き合い、見つめ直す

・これからの「生き方」を決めていく

・仲間との「つながり」をつくる

 

そんなプログラムになっています。

 

今悩んでいる、

人生、生き方を変えたいけど一歩踏み出せない

 

そんな方々はぜひ!

高知れいほくに足を運んでみてください!

 

ワクワクする体験が、

あなたを待っています!

 

人生の転機が、

そこにはあるかもしれません!

 

「生き方は何度でも選べる!」

「自由に生きればいいじゃない!」

 

バーシー/bashi

 

 

こちらもあわせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com

 

 

 

「もったいないキッチン」で廃棄食材ゼロ目指す!余った食材で絶品創作料理!

こんにちは!旅する料理人バーシー(bashi)です!

 

 

夏野菜採れすぎ問題

 

毎日暑、暑、あっついいぃ・・・

じめじめべとべと・・・

皆さん暑さにやられていませんか???

 

暑い夏、気温や湿度には参っちゃいますが、

いいこともある。

それは・・・

 

夏野菜がたくさん採れること!!!

f:id:bashi1111:20180728104212j:plain

※大根は違うけど

 

で、この野菜たち。

近所(千葉県いすみ市)のおばあちゃんからもらったわけです。

というか、「救出した」のです。

だって・・・

 

これ、

そのままだと食べないで

全部捨てちゃうんだって!?!?!?

 

うそでしょ・・・

 

このように、特に田舎では、

たくさん作りすぎて食べきれず、

しかも田舎のおじいちゃんおばあちゃんたちは、

子供たち家族が都会に出て行ってしまって一人暮らしの方とかも多いから、

余計一人じゃ食べきれず、

そのまま廃棄になってしまう農作物がたくさんあります。

もったいない・・・

 

「もったいない」食材多すぎ問題

あと、

「夕食いっぱい作りすぎちゃって食べきれない」

とか、

「スーパーの安売りがあったから買いだめしたけど結局使わない」

とか、

「お土産で食材もらったんだけど調理方法がわからないでずっと保存庫で眠ってる」

とか・・・

f:id:bashi1111:20180728104041j:plain

食材余らせてそのまま捨てられるとか

もったいなすぎる!!!

 

ということで、旅する料理人バーシー、

とあるイベントを企画しました。

 

もったいないキッチンで廃棄食材をゼロにする!

https://www.instagram.com/p/Bk82Lu1nN3b/

始まるよー!*#もったいないキッチン #廃棄食材ゼロ #もったいない #釜石 #岩手 #三陸駒舎

 

ということで思いついた料理イベント。その名も

もったいないキッチン」!!!

 
 
身の回りにたくさんある、絶品の食材たち。
しかし、
「形が悪いから売り物にならない」
「作りすぎて食べきれない」
「賞味期限が近づいている」
などの理由で、たくさんの食材が捨てられている。

f:id:bashi1111:20180729120426j:plain

Photo by Keisuke Horikoshi

「そんなのもったいない!みんなの知恵を出し合って、絶品創作料理を作り出そう!」
食料廃棄ゼロを目指して、「もったいない」食材たちを、
絶品料理に生まれ変わらせます!
 
このイベント、元は千葉・いすみの「ブラウンズフィールド」不定期開催している
「あるもんできっちん」にインスパイア(パクりと言わないのがミソ)
されて思いついたイベント。
(参考)

www.bashi1111.com

 

会場は「馬と暮らす古民家」、三陸駒舎さん!

今回、「もったいないキッチン」を開催させてもらったのは、
岩手・釜石にある「馬と暮らす古民家」、
三陸駒舎」さん。

f:id:bashi1111:20180729121908j:plain

 
以前、バーシーが訪問したことがあり、
その古民家のぬくもりと、馬たちと触れ合うことで感じる「癒し」。

f:id:bashi1111:20180729121925j:plain

 
ここでは、「ホースセラピー」といって、震災の影響で精神的なダメージを受けてしまった子供たちや、障がいのある人たちが馬と接することによって「癒し」を受けて、
心や体をケアする取り組みが行われています。
オーナーの黍原さんご家族のおもてなしと、懐かしい家庭料理に感銘を受けました。
(参考)

www.bashi1111.com

 

もったいないキッチン in 三陸駒舎、大成功!

f:id:bashi1111:20180729122540j:plain

Photo by Keisuke Horikoshi

 
「もったいないキッチン」in 三陸駒舎には、
都心から釜石に移住してきた方々や、地元の方々中心に10名ほど集まっていただけました!

f:id:bashi1111:20180728104024j:plain

集められた「もったいない」食材たちが・・・

f:id:bashi1111:20180729122901j:plain

Photo by Keisuke Horikoshi

f:id:bashi1111:20180728104115j:plain

このとおり「絶品料理」に様変わり!!!
 

f:id:bashi1111:20180729122956j:plain

Photo by Keisuke Horikoshi

みんなで協力して作ったごはん。あったかいごはん。

おいしさも格別。

f:id:bashi1111:20180729123135j:plain

もったいないキッチン、大成功!!!

 

「もったいないキッチン」を全国各地に広めたい!!!

f:id:bashi1111:20180729123346j:plain

Photo by Keisuke Horikoshi

僕はこの「もったいないキッチン」を全国に広めていきたいと思っています!!!

 

✓「もったいない食材から絶品創作料理を作り出す」実体験から、
普段いかに「もったいない」ことをしていたかに気づき、
「食」の大切さを感じ、
「廃棄をせず人にも環境にもやさしい暮らし」についての関心を高めたい。


✔︎ 豊かな自然風土の中で育った地元の食材のおいしさを改めて実感する


✔︎ 「一緒に料理を作る」という経験を通じて、人とのつながりやチームワーク、コミュニケーションが生まれ、新たなコミュニティが形成される

 

これらのようなことを目的に、

「もったいないキッチン」を全国へ広げていきます!

 

参加費はいりません!

皆様から「もったいない」食材を提供いただければ!

また、この活動をもっとたくさんの場所で行えるように、

バーシーの渡航費・「もったいないキッチン」の会場費に充てるための

ドネイションをイベント当日に集めています。

 

おかげさまでたくさんのご支援をいただき、

来月も別の場所で開催できそうです!

 

また、「ウチでも開催してほしい!」と、

「もったいないキッチン」の開催のご依頼もいただいています!

 

「もったいないキッチン」開催リクエスト、お問い合わせお待ちしています!
以下よりご連絡ください!
 
Gmail: kosuke.s.1111☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
 
Facebook: kosuke shiiiba 

https://www.facebook.com/kosuke.shiiba

Facebook: Bashi's Kitchenページ

https://www.facebook.com/bashikitchen/

Twitter: 椎葉康祐@旅する料理人とルワンダ農村ガイド@bashi19911111

https://twitter.com/bashi19911111

 

みんなで「もったいないキッチン」の活動を広げて、
「廃棄食材ゼロ」にしましょう!!!
 
 
バーシー/bashi
 
 
こちらもあわせてどうぞ!
 

 

 

 

「愛」と「平和」ー ヴェトナム戦争を舞台にした一冊の本、『天と地』を読んで考える人間の普遍的なテーマ。

こんにちは。bashiです。

 

僕は今、日本からアフリカ・ルワンダへ向かっています。

f:id:bashi1111:20180615003816j:image

飛行機の中で読んだ一冊の本、『天と地』
この本には、人間の普遍的なテーマである「愛」「平和」について描かれていました。

 

 

友人から手渡された一冊の本、『天と地』

9月に実施する「第3回ルワンダ農村体験ツアー」に向けて関係者と打合せするため、ルワンダへ飛び立つ直前に、ある友人から手渡された一冊の本。

f:id:bashi1111:20180615003855j:image

オリヴァー・ストーン『天と地』。
ヴェトナム戦争の時代を生きた、一人のヴェトナム人女性とその家族の人生を描いた映画について、監督、原作者、主演女優らの視点から語られています。

 

『天と地』のストーリー

f:id:bashi1111:20180615004026j:image

ヴェトナムの農村家庭に生まれた、「レイ・リー」。
自然の循環の中で幸せに暮らしていた彼女は、やがて「共産主義」と「資本主義」の戦乱に巻き込まれていく。

 

f:id:bashi1111:20180615005448j:image

破壊される平和な農村、戦いに巻き込まれて命を落とす人々、兵役についたり、戦乱から逃れたりするたまにバラバラに分かれていく家族 ー
レイ・リーも兵士として戦い、敵に捕らえられ拷問を受けたり、仲間からスパイだと疑われ殺されかけたりした。その中で出会った、敵国アメリカの兵士スティーヴから愛されたレイ・リー。二人は家庭を築いた。

 

f:id:bashi1111:20180615004135j:image

その後、ますます戦争が悪化するヴェトナムを離れ、子供達と共にスティーブの母国アメリカへ渡る。しかし、戦地を離れてもレイ・リーの家庭には「平和」は訪れなかった。戦地で幾度となく殺人を繰り返したスティーヴの精神は自分自身を追い詰め、時には愛するレイ・リーをも傷つけ、しまいには自害してしまう。

 

f:id:bashi1111:20180615005642j:image

その後、女性実業家としてアメリカで成功したレイ・リーは子供と共に、家族を訪ねるため故郷ヴェトナムへと戻る。
久しぶりにレイ・リーは母親と再会する。
二人を隔てていた心の距離は、少しずつ近づいていく。二人は抱き合い、涙を流し合う。レイ・リーは故郷で仏陀に祈りを捧げ、新たな運命を生きていく。

 

f:id:bashi1111:20180615011807j:plain

 

『天と地』を読んで考察する「愛」と「平和」

『天と地』著者のマイケル・シンガーはこう言います。

 

『天と地』は、ひとりのヴェトナム女性とその家族の物語だが、争いが愛にとってかわるところでは、どこでも何度でも繰り返される物語だ。だから、これはどこであっても誰にとっても理解することのできる普遍的な物語だと思う。

 

だから、ヴェトナムに縁もゆかりもない日本人の僕にも理解できた。

f:id:bashi1111:20180615004414j:image

 

『天と地』を読んで湧き上がる、「日本」と「ルワンダ」への想い

先祖や家族への思いやり、仏への信仰、大地の恵みへの感謝、祖国への愛 ー
『天と地』の間を生きる一ヴェトナム人女性とその家族の物語は、

「日本」ルワンダの間を生きるひとりの日本人に「愛」「平和」について考えさせ、二つの国への「想い」を募らせました。

 

日本からルワンダへ出発する前に「偶然」手渡されたこの本。

f:id:bashi1111:20180615003855j:image

 

「日本」と「ルワンダ」が共に伝統文化、価値観を共有し、

お互いに助け合い、学び合う関係を築き、

みんなが「笑顔」になって「幸せ」を感じる機会を作りたい僕にとって、
この本に出会ったのは「必然」だったのかもしれません。

f:id:bashi1111:20180615004558j:image

 


椎葉康祐/bashi

 

 

こちらもあわせてどうぞ!

 

www.bashi1111.com

 

 

www.bashi1111.com